Jeroblo
RSS

タグ ‘CPU’ のアーカイブ

約4年ぶりにPCを換装

2011 年 5 月 7 日 12:04 コメントを投稿する 1,602 views

このブログを始めた当初に書いたこの記事から、約4年経っています。思えば感慨深いもので、我が家のCore2Duo E6850は長い間頑張ってくれました。他のパーツがバージョンアップしていく中、ゲームをプレイする上でもそろそろCPUの古さが否めなくなってきましたので、この連休を利用して交換することとなりました。

SNC00220SNC00222SNC00218

Z67の発売も控えていますが、最初っから内蔵のグラフィックスは使わないし、値段も落ちてきてそれなりに遊べるP67を選択しました。Z68でも上位のボードは結局CPU内蔵のグラフィックスを使用できず、結局本当にそのままP67を置き換える形になるんでしょうが、まぁそんなことを気にしていたらキリがないので記念と思っておきましょう。

CPUには2600kよりコストパフォーマンスに優れる2500kを選択。クーラーを調べてみるとなにやら最近は簡易水冷キットなるものもあるようで、各パーツを選定せずとも箱から出して取り付けるだけで簡単に水冷システムを導入できるようなキットを7000円ほどで販売していたので買ってみました。取り付けも簡単でCPU周りがスッキリするのは良いですね。冷却性能もやはり空冷以上はあるようで、私のようなライトな自作erにはもってこいの製品だと思います。

今回の換装でゲーム用のメインPC内からHDDが消えました。これはかなり大きくて、動作はキビキビだし、物理的な面でもケースの全体重量が軽くなったり、駆動音がなくなったりと良いことばかりです。逆に、全体的な容量が200GBそこらになってしまいましたが、そこは積みゲー対策といいますか、「インストールしたゲームはクリアして次へ」という癖をつける為にも良いかなと思っています。

一番右の写真は今まで使っていたマザーボードとCPUです。これを下取りに出したら1万円も返ってきましたので、トータルのところでの出費は68000円となりました。

構築してOSインストール後に5GHzで回したりと色々遊んでみましたが、電圧モリモリで恐ろしかったので結局は単に46倍の4.6GHzで常用しています。primeで負荷をかけたときにvcore1.34vで60度前後、アイドル時は27~30度です。精神的にも物理的にもBCLKを上げるのはあまり気が進まないですし、倍率ももう1段上で常用できないこともないでしょうが、今の能力ではこのくらいが丁度良いのかなと思っています。

というわけでまとめますと、やはりCPUのパワーが段違いです。パーツの詳細はプロフィールに記載していますが、この一覧を見ると次はVGAという感じですかね。GTX285はパワー的な問題はまだありませんが、DirectXの世代が一つ古いのでそのうち交換したいところです。そうなると電源も換えなければなりませんね…。

PhenomIIx3 720BlackEdition

2009 年 3 月 3 日 10:14 コメントを投稿する 1,555 views

久々にAMDで祭りになったCPU「PhenomIIx3 720BE」が土曜日に届きました。特定のマザーボードのBIOSからある設定を行うと殺されている1コアが活性化し4コアにて動作するということから人気のCPUとなっています。(AMDはBIOSでその設定ができないように要求しているようですが)

続きを読む »

ページビュー

2008 年 12 月 3 日 11:55 コメントを投稿する 1,267 views

先月のアクセス数(ページビュー)が14275もありました。私のブログとしては今までの倍近い数になります。最近は携帯からも読んでいる方もいらっしゃるようで、ありがたい限りです。

ちなみに、このブログでアクセスログをとり始めた最初の月(2007年9月)のページビュー数は3241でした。そこからすると先月は4.4倍のアクセスがあったことになります。いやはや、本当に驚きです。多いから良いという訳では決してありませんが、これだけの方が見てくださっているという事実が私にとっては大切な宝物です。ちょっとでも皆さんの暇潰しになるように、より読みやすい記事を書きたいものです。

最近は「Corei7」という検索ワードがHitしてアクセスしてくる方が多いようで、それなのに私のブログでは紹介だけで特になんの記事もないことを申し訳なく思っています。そのおかげ(おかげと言うかそのせいと言うか…)か、私のメインマシンも1年以上経つし、冬季賞与もありますし(これについては景気のせいで額は期待できませんが)、ハイエンドストリームのX58シリーズを買っちゃおうかなという勢いが出てきました。

「PCパーツはほしいと思った時が買い時だ」と昔から言いますが、どのタイミングでも結局数ヶ月経つと置いていかれているわけで、そういう業界をよく表現していると思います。ただ、今買うとなるとビデオカードをどうするかという問題があります。最近出る出るとずっと言われている55nm版のGTX280、260がまだ出ません(どうやら1月だとか…)。かといって今更4870を買うのにも抵抗がありますので、そこさえ決めてしまえばすぐ買いそうな気がします。

深夜販売

2008 年 11 月 13 日 11:00 コメントを投稿する 1,081 views

現在のメインPCのCPU、Core2DuoE6850を購入してから約1年と3ヵ月が経ちました。まだまだE8400などと比べてもそんなに引け劣らずいい買い物だったと思っていますが、今週末ついに新しいストリームとなるCorei7シリーズが解禁ですね。
少なからず私のブログにも影響しているようで、アクセスの約5%程がCorei7というキーワードで検索している方のようです。皆さん注目ということでしょう。
さて今週末、私はまだPassする気ではいるのですが、前回も深夜販売で購入したこともあり日が近づくにつれ気になるようになってきました。ですから、この衝動を抑えるためにも現在の環境からのメリットデメリットを自分なりに点数をつけ整理して納得させたいと思います。

メリット

  • コア数のアップ — 素直に嬉しいので+3
  • 電源をもっと強力なものに変える機会に恵まれる — 電源を変えたい気もある+1
  • ネイティブでSLI対応 — 安価な98GTXを買い増しでSLIなんて妄想+2
  • メモリ周りの改善 — これは倍近くなるので+3
  • OSのクリーンインストール — 面倒でもあるが気持ちいい+1
  • 余りパーツをサブマシンに回せる — 全体的にスペックがあがる+1
  • 深夜販売というお祭りに参加できる — これはいいお祭り+1

デメリット

  • 実用面ではあまり今と変わらない — というかゲームだと下がる可能性の方が…-4
  • シングルコアクロックが現状より下がる — クロック至上主義というわけではないけど-2
  • 各環境の再構築が面倒くさい — これが一番面倒くさい-3
  • 組み立てる時間、環境構築の時間が2台分となると1日は潰れる — 2台同時はかなり辛い-3
  • 10~15万の支出 — ボーナスにも余り期待できないし完全に趣味の域-5
  • 冬場の深夜販売は寒そう — 確実に寒い-1

こんなところでしょうか。合計は+3+1+2+3+1+1+1-4-2-3-3-5-1 = -6
-6ですか。やはり軽く考えただけでも現状はデメリットが大きいということでしょう。やっぱり今回はPassかな。落ち着くまで様子を見ましょう…納得しようよ俺。

Corei7

2008 年 11 月 4 日 12:22 コメントを投稿する 2,158 views

11月16日にいよいよIntelの新CPU「Corei7」シリーズが発売されます。レビューも解禁されたようで各所で詳細なレビューを見ることができるようになりました。

何と言ってもCore2との違いは4CoreでのHyperThreadingサポートと、メモリコントローラを内蔵したことでしょうか。HTをサポートしたことでWindowsからは8コアとして認識されます。また、AMDのAthlonと同じようにメモリコントローラを内蔵したことで直にメモリにアクセスできるようになると同時に他のデバイスIOとの帯域干渉がなくなるので、いろいろなデバイスをフル活用している状況下でのパフォーマンス向上が期待できます。それにメモリはDDR3がトリプルチャネルで動作するということで、今のスタンダードであるDDR2-800×2よりも倍近く高速になりますね。

手放しで喜べるのはメモリ周りの改善辺り。これはソフト、ハード関係なく明らかに高速化が期待できますからね。懸念としてはトリプルチャネルになったことで、より、メモリの相性が厳しくなったくらいでしょうか。

HT8コアについては、現状ソフトが全く追いついていないので、明らかな高速化期待できません。むしろゲームやアプリケーションによっては遅くなる可能性もあります。大抵のゲームは今でもCPUのシングルコアのリソースしか消費しませんし、実クロックで行くとCorei7 920(35000円前後の見込み)は2.66GHzですから、今の私のCore2Duo6850の3GHzとは結構な差があります。とはいいつつもその他の面(キャッシュが増えたり)で改善が図られていますので、劣るということはないでしょう。日常用とでは確実にコアは多い方が並行作業のスピードが違いますしね。

今回このCPUでPCを組むとなると、今までのパーツはほぼゴミとなります。CPU、マザーボード、メモリは総とっかえになりますので、使いまわせるのはそれ以外のパーツのみです。トリプルチャネルということでXPユーザが多いPCゲーマーには1GBx3が主流になるんでしょうか。とにかく予算金額として10万円は必要になります。総合的にみると微妙なスペックアップになるので個人的には今回はパスです。メモリ周りは相当うらやましいんですがね。