Jeroblo
RSS

タグ ‘Cambodia’ のアーカイブ

カンボジア旅行記 4日目

2011 年 7 月 10 日 1:39 8 コメント 4,355 views

4日目はピンクの線で表しています。3日目のバンテアイ・スレイより少し先まで移動です。

day4

クバール・スピアン

クバール・スピアンは山の上の水中遺跡が有名なところです。地図上でも分かりますが、車で片道だいたい1時間半かかります。朝7時半にバスに乗り、9時前に現地に着きました。着いてからも約40分かけて1500mの山登りです。

P1080927P1080910

普通の登山道よりやや岩がゴツゴツしていて険しい道をひたすら登ります。どうやら、最初の観光客には現地のわんこが3匹着いて来るようで、道中羨ましいくらい軽快に登っていました。日本で見かけるペットの犬と違い、太っておらず、たくましい体をしています。旅行中、カンボジアでは写真のような犬種を多く見かけました。基本的には雑種のようで、カンボジアでは番犬として飼っている人が多いようです。

P1080928P1080930P1080931

P1080936P1080942

頂上部ではこのように至る所に彫刻が施されています。滝のところで小休憩し、また40分かけて下ります。体調が優れなかったこともありなかなかにしんどかったですね。

ロリュオス遺跡群

ロリュオス遺跡は、アンコール地方に王都が移る前の王都であり、9世紀に作られた古い遺跡です。その中でロレイ、プリア・コー、バコンという遺跡に行きました。

2011-07-01 12.46.062011-07-01 12.54.062011-07-01 12.54.32

既に1000年以上経っていますのでさすがに朽ちていて、所々修復が目立ちますが、現在まで残っているというのは凄いですね。真ん中はリンガです。写真のとおり先の水中遺跡にも千本リンガなどありました。形をみて分かるかもしれませんが、リンガというのは男性器を意味し、神の象徴として崇められています。対して四角いものをヨーニと呼び、こちらは女性器の象徴です。これらの組み合わせは性交を示しており、シヴァ神が性交して出来たのが私たちの住むこの世界である、という教えを表しているのだそうです。当時はリンガの周りに水路を整備し、リンガから湧き出る水を聖水として扱っていたようです。

2011-07-01 13.03.512011-07-01 13.03.372011-07-01 13.03.44

ここでもこのように柱に文字が彫ってあります。綺麗に書けるものですね。

2011-07-01 13.23.36

水牛は神の乗り物であり、建物の方を向いて神を待っているんだとか。

P1080981P1080990P1080994

バコン遺跡はスモールアンコールワットといった感じ、少し高台になっており、眺めが良いです。今回のツアーで最後の遺跡になりました。最後に現地の牛の写真。牛もガリガリです。

その他

P1080951P1090004P1090001

この日の昼は普通の飲茶です。遺跡を見て回った後、午後6時のチェックアウトまで時間があったのでホテルのロビーでアフタヌーンティーを頂きながら過ごしました。

総括

さて、5日目は帰るだけですのでこの記事にて総括します。まず、良かった点、悪かった点を挙げてみたいと思います。

Good

  • 日本語ガイドに大当たり
  • ツアー同行者が良い人たちだった
  • ホテルがすごく良かった
  • クメール料理が(私の)口に合った
  • 遺跡のスケール、存在感が凄かった
  • カンボジアについて少し学べた
  • 英語がそれなりに通じた

Bad

  • ハノイ暇すぎ
  • 少しお腹を下した
  • 暑い、特に湿度が高い
  • しつこい販売
  • 予備知識なしで参加したこと

整理するとこのような感じでしょうか。今回の旅をすごく楽しく過ごせたのは1にも2にも優秀な日本語ガイド、コンさんのおかげだと思います。本当に日本語がお上手で最後はかなり別れ惜しかったです。待ち合わせ時間にはキチッと来ているし、携行品の確認、所々での解説・諸注意も完璧。おまけに航空券の再確認までして頂き、本当にお世話になりました。向こうからすればあくまで仕事だったのでしょうが、別れ際にメールアドレスも聞けましたし、是非次は友達としてお会いしたいものです。

また、今回ツアーで同行することとなった方々もちょうど我々の親の年齢くらいのご夫婦で、娘や息子に話すように接して頂き、最後には見送りまでして頂いて本当に楽しかったです。還暦をこえても山の中で奥様に水をかけたり、木を揺らしたりしてチョッカイを出すその無邪気な姿は是非見習いたいと思います。

逆に一番悔しかったのはあまり勉強せずに旅行に臨んだことですね。丁寧な解説を受けてもそもそも理解が足りず、帰ってきてこうやって振り返ることで、やっと理解するような状態になってしまったので、ガイドさんに少し申し訳なく思います。

私が一番印象深かったのは遺跡よりも何よりも、ガイドのコンさんの真摯な姿勢です。宗教的、歴史的な先人の教えに対する尊敬と理解だったり、カンボジアを愛するナショナリズムだったり、学びに対する貪欲さであったり、悔しいくらいに誇らしく色々語って頂きました。さて、自分はどうかなと見たとき、そんなの私には少ししか無くてとても太刀打ち出来ません。サービス大国日本にビタビタに浸かって、ぬるくやってるんだなぁと改めて感じました。少なからず自分を見つめ直すきっかけを与えてくれたコンさんに、改めて感謝しながらこの旅行記を綴じたいと思います。

楽しかったのでまた行きたいですね。

カンボジア旅行記 3日目

2011 年 7 月 9 日 21:32 コメントを投稿する 5,466 views

3日目は茶色です。この日はたくさん移動してますね。

day3

バンテアイ・スレイ

バンテアイ・スレイは「女の砦」という意味で、その名のとおり各所に精巧な彫刻が施され、東洋のモナリザと言われているテバター像が有名です。

2011-06-30 09.26.052011-06-30 09.41.572011-06-30 10.13.46

ガイドさんが地図を使って位置関係を説明してくれました。たしかに上のgoogle mapと同じですね。看板には「触るな」と書いてありますがバリバリ触ってますね(笑)。ガイドさんは日本語学校卒業後8年間この仕事をしているらしく、我々が普通に九州の言葉で話していても拾ってくるようなそんなレベルの高さです。日本語独特の言い回しやダジャレもそつなくこなせていました。現在32歳で彼女もいて、家も購入して、2,3部屋貸しているいるリア充ぷり。そして明るく気の利いたイケメン…羨ましい。

2011-06-30 09.49.272011-06-30 10.07.152011-06-30 10.15.01

石柱にはその殆どに、綺麗に言葉が掘ってあります。ある程度意味の解説も受けましたが忘れてしまいました。真ん中の写真の中心の彫像が「東洋のモナリザ」のテバター像なのですが、残念ながら現在は遺跡の保護のため立ち入ることが出来ませんでした。

オールドマーケット

観光客向けの雑貨やら、食品やら売っている結構広いエリアです。

P1080829P1080826P1080827

ちと、写真がブレ気味ですが、日本人を見るやいなや相当な圧力で「オニイチャン、オネエチャン、ヤスイヨー」と呼び込みに来ますので、「no thanks」と連発したことしか覚えていません。アグレッシブな人は腕まで掴んできます。Tシャツやらクロスが$1~買えます。基本的に半値から開始のスタンスでいきました。ここで購入したのはかわいいテーブルクロス2枚で、2枚で$25の提示に$10と言ったらさすがに売ってくれず、渋っていたらだんだん落ちてきて最終的に$15で購入しました。

シルクとして売っているものもありましたが、ガイドさんの話ではまがい物も多いそうで、シルクについては後でガイドさん紹介のブランド店に行ってくれるとのことでここでは購入しませんでした。

食品エリアはガラっと変わり、観光客は無視されます。肉やら魚やらそのまま置いてありますので、すごいにおいで、そのまま食べる勇気もありませんので早々に撤退です。

トンレサップ湖

東南アジア最大の湖です。乾季でも琵琶湖の4倍と相当な面積をほこります。

P1080841P1080866P1080869

このような観光ボートで川を下り、湖にでたらお店や高台のある休憩所(当然ボート)で休憩して引き返しました。湖に出るまで2,3kmあったと思いますが、右も左も家ばかり。120万人の方々がここで生活されているそうです。福岡市の人口が140万人くらいですから、それに近い人数が水上で生活していることになりますね。

2011-06-30 14.57.082011-06-30 15.07.062011-06-30 15.11.47

水上には学校やバスケットコートなどもあります。斬新です。真ん中は湖に出たところですね。奥に見える緑の藻や建物は全て浮いてるんです。休憩所ではワニとナマズの養殖をしていました。ワニは$3000で売れるんだとか。

その他

昼はクメールヌードルセット、夜はクメール王朝ディナーを頂きました。

P1080820P1080817

2011-06-30 19.23.302011-06-30 19.32.162011-06-30 20.35.42

ディナーはもろに香草の香り。私としてはどれも美味しくて非常に満足でした。ちなみにえらく美味しかった牛肉は松阪牛という落ち。あちらのカクテルはすこし度数が高いように感じましたね。

カンボジア旅行記 2日目

2011 年 7 月 9 日 20:12 コメントを投稿する 3,241 views

2日目です。2日目は緑色で現しております。

day2

2日目はまる1日かけてアンコール遺跡群を回りました。現地の人以外は遺跡に入るにはパスが必要で、入場の際にチェックされます。このパスが結構良い値段するもので、3dayパスで$45と記載してありました。今回の場合、パスの料金も含まれているので別途用意することは必要なかったのですが、現地の物価と比較するととてつもない高さです。

お金について解説しておくと、シェムリアップでは普通に米ドルが流通しています。何を買うにも基本的にUSDでの価格記載で、1ドル以下を扱う場合に現地通貨の「リエル」を使用します。1ドルがだいたい4000リエルということで計算されていました。ちなみに、コンビニっぽいお店でビールを買うと$0.9程、ホテルだと$2~4、ミネラルウォーターもだいたい同じです。

アンコールワット

2011-06-29 08.56.362011-06-29 09.05.582011-06-29 09.11.32

2011-06-29 09.20.302011-06-29 09.44.402011-06-29 09.56.28

至る所に写真のような細かい彫刻が見られます。有名な箇所ではガイドさんが、彫刻の情景であったり、歴史・宗教的な背景をを交えた観点から丁寧に日本語で解説してくれます。

2011-06-29 10.03.522011-06-29 10.23.332011-06-29 10.32.14

2011-06-29 10.51.442011-06-29 10.42.282011-06-29 10.51.55

ある程度しっかりした格好でないと登れない第3回廊。今でこそ階段付きですが、本当は狭くて急な石段を使って昇降するようです。帽子をかぶっていたり、ノースリーブだったり、ショートパンツだったりすると入れないようです。

2011-06-29 11.09.002011-06-29 11.09.062011-06-29 11.12.41

タ・プローム寺院

ラピュタのモデルではないかと言われている有名な遺跡ですね。

2011-06-29 12.06.522011-06-29 12.16.392011-06-29 12.19.452011-06-29 12.11.24

何の気なしに撮った写真もこのとおり。この場所は本当に神秘的で、生命の力強さを感じます。

2011-06-29 12.15.492011-06-29 12.32.592011-06-29 12.10.29

一番右の写真は遺跡の基礎になっているレンガを拡大したものです。ガイドさんの話では、経年により泥の部分が朽ち果て、鉄分だけが残りこのようなボコボコのレンガになっているそうです。

アンコールトム

アンコールトムはアンコールワットと比較しても大きく、勝利の門や南大門などの門と城壁に囲まれた都市遺跡です。

P1080629P1080650P1080673

P1080680P1080682P1080669

プノンバケンの丘

天気が良ければここで夕日を鑑賞する予定でしたが、昼から少し雨が降ったので夕日は見れず。それでも景色は良かったです。

P1080706P1080698P1080702

うまく写真が残ってないのですが、手を使わないととても登れない幅10cm位の急な階段を5,6m登ると展望台のようになっています。

その他

ご飯はアンコールトムに行く前に中華を、全て回った後にクーレン2というところでアプサラダンスを見ながらクメール料理をビュッフェで頂きました。

2011-06-29 19.26.212011-06-29 20.09.28

ビュッフェと言いつつもクメール料理中心なので、基本的に先の”カンボジア臭”が香ります。私はチャーハンやフライドチキン、生春巻きを中心に美味しく頂きました。

カンボジア旅行記 1日目

2011 年 7 月 9 日 16:11 コメントを投稿する 7,871 views

先の記事のとおり、約1週間カンボジアを旅行してきましたので、旅行の様子を写真を中心にまとめておきたいと思います。1つにまとめてしまうと記事がとてつもなく長くなりそうなので分割してアップしていきます。

行先 シェムリアップ(カンボジア)
期間 4泊5日(1泊は機内泊)
往路 福岡国際空港 –> ハノイ空港(ベトナム) –> シェムリアップ国際空港
復路 シェムリアップ国際空港 –> ハノイ空港 –> 福岡国際空港
備考 ガイド付きツアーパッケージ(1人14万円程、諸経費全て込み、保険込み)

ほぼ移動日の1日目。朝8時半に空港に着いて説明を受けつつ荷物を預けて出国手続きを完了しハノイへ。ハノイまでは4時間かかります。機内食をとりつつ(和食を選んだ)、本を読んで過ごしました。日本との時差は2時間あるので、飛行機に乗った時点で時計を2時間遅らせています。

2011-06-28 12.40.442011-06-28 13.07.44

ハノイでトランジット手続きをしなければならなかったのですが、担当者が無愛想すぎてここらへんから日本のサービスとの差を感じつつ、3時間ほどの暇つぶし。暇を潰すといっても動き回れるのはゲートを通過した先のエリアだけなので何もなく、椅子も日本の空港とは違い金属製。広さはそれなりにありましたが、座ってるだけでも疲れますね。

彼女がカフェで売ってたビールを買ってきたので飲んでみましたが、ぬるくてまずい…。やっぱアサヒがイイねなど盛り上がりつつ、時間もたったので飛行機に乗り込みました。

P1080434P1080430P1080436

ハノイからシェムリアップまでは1時間半ほど。ここでも機内で軽食が出て「腹いっぱい」など言いつつも完食し、やっとのことでシェムリアップ着。$20と持ってきた写真を渡しビザを発行してもらい、機内で書かされたカンボジアの入出国に必要なEDカード一緒に提出して入国手続は完了です。

2011-06-28 17.25.41P1080444P1080447

空港では早速日本語のできるガイド、コンさんがマイクロバスで待っていてくれました。いきなり日本語のレベルの高さに驚きつつも、早速バスに乗り込み、日本とは違う景色に驚きながらホテルへ移動しました。

P10804532011-06-28 18.24.26P1080457

期間中滞在したホテルは「アンコールパレス」という5つ星を掲げるホテルです。といってもホテルの星の数に共通の条件などは無いようで、多分日本円で1万円くらいで泊まれるホテルだと思いますが、綺麗でサービスの行き届いたホテルでした。プールやテニスコートもあり、日本人のスタッフも常時1名は待機してくれていましたので、英語ができなくても安心して利用出来るホテルだと思います。このホテル内だけは日本と同じレベルのサービス(笑顔だったり、挨拶だったり)でした。

基本的な会話として英語が通じます。英語が出来ないスタッフはいなかったのではないかと思います。スパを利用した際にマッサージしてくれたスタッフだけ、英語が不得意で、私の不得意も乗じて狭い個室で何の話をしているのかわからないカオスな状況になったりもしましたが、そこは簡単な会話に切り替えることでなんとかなりました。空港やホテルで時間やら予約やらいろんな会話をしましたが、めちゃくちゃな英語でも主旨さえ伝えればなんとかなるものです。

day1

さて、やっと移動の下りが終わりました。この分だと相当長くなりそうですが続けます。1日目、ホテルに付いたのがたしか夕方5時半頃で、まだお腹も空いていないし、そのままホテルに居るには早い時間でしたので、トゥクトゥク(バイクタクシー)を貸しきって観光がてら買い物に出ました。トゥクトゥクは4人で貸しきってなんと$7。買い物中も指定した場所で待っていてくれるので安心です。

地図上で示している順に回っています。1日目は青色ですね。地図で整理すると自身には改めてよく分かります。直線で結んでいますが、当然道路に沿って移動しています。カンボジアの道路は8割くらいがバイクと自転車で、信号機は殆どありません。バイクや自転車には1~3人乗っているのは当たり前で、私はとても運転できそうにない交通状況でした。それでも、滞在中に事故は見かけませんでしたので、現地での暗黙のルールがあるんでしょうね。

2011-06-28 20.48.192011-06-28 21.08.11P1080473

午後7時にホテルに帰り、8時から夕食をとって1日目は終了です。マーケットといい、夕食といい、人が写りこんでいる写真しかないのでうまく紹介できないのが残念なところです。

ここで、カンボジアでの食事について少し書いておきますと、どんな料理も根本に何か同じ風味があります。私たちは”カンボジア臭”などと形容しておりましたが、何かの香草系の香りだと思います。これが駄目な人は普通の料理には全く手をつけられない状況になりますので注意が必要です。ホテルの朝のビュッフェや中華などでは風味は薄かったのですが、大抵の料理でこの香りを感じましたので、苦手な人は大変です。フルーツや飲料はさすがに大丈夫でしたが、カンボジアのコカコーラはまずかったです。