Jeroblo
RSS

タグ ‘Bike’ のアーカイブ

自転車が盗まれた

2012 年 12 月 11 日 20:30 2 コメント 2,390 views

こんな記事を書くことになるとは思ってもいませんでした。掲題の通り、12月10日の22時50分~23時くらいの間に私の自転車が盗まれてしまいました。

某ファーストフード店で持ち帰りの数分くらい施錠せずとも大丈夫だろうと安易に考えた自分の責任でもあるのですが、前面背面のライトは点滅モードでつけっぱでしたし、駐輪場は明るかったので、かなり勇気がありますね。

すぐに警察に電話し盗難届を書いてきました。防犯登録もしてあるので確認はすぐにとれたのですが、目撃者もいないし、防犯カメラも死角だったそうなので、まず見つからないだろうと思ってます。

20111224_164950

2年前に購入したGiantのEscapeR3。入門用の自転車として購入する人が多いタイプです。それをベースにちょこちょこパーツを交換して佐賀に行ったり熊本にいったり、大濠公園を走ったり、自転車の楽しみを十分に教えてくれました。購入したときの価格は55000円前後だったと思いますが、そこから以下を改造していますので10万円くらいかかったのかな。

  • ライトの取り付け
  • スピードメーターの取り付け
  • ハンドルバーの交換
  • バーエンドバーの取り付け
  • ステムの交換
  • シートポストの交換
  • シートの交換
  • テールランプの取り付け
  • ドリンクホルダーの取り付け
  • テールランプの取り付け
  • 泥よけの取り付け
  • スタンドの取り付け

1年目は結構なパーツを入れ替え、2年目はハンドルとステムを交換してから随分乗りやすくなったので安定していたところ。自転車としてはそんなに高くもなく、2年間ほぼ毎日乗ってきた中古車体なので、価値はあまりありません。取り付けていたスピードメーターの積算距離がちょうど2000kmを超えたところでして、平均が20km/hとしても100時間以上乗っていることになる愛着のある自転車です。なかなか悲しいものがあります。

今日から1週間で動きが無いようであればまず見つからないでしょう。数年後にボロボロになって出てきたりすると一番悲しいですね。色んなところを変えてあるので、そのまま乗ったり、売ったりするとまず分かります。せめてパーツをばらして売るか、私の見えないところで大切に乗ってあげてほしいですね。

忘れていましたが、福岡は飲酒運転検挙数や自転車盗難件数が全国でもトップクラスの都市です。しかし、福岡には素晴らしいところがたくさんありますので、私自身はもう他の地域に引っ越そうなんて考えはありません。こういった恥ずべき記録が少しでも減ってくれると嬉しいです。

タイヤ交換

2010 年 12 月 7 日 20:00 コメントを投稿する 1,348 views

先日のアクシデント(出先でパンク)の経験もあり、自転車について少しは分かってきましたので洗車ついでにタイヤを交換してしまおうということで、必要なケミカル製品と一緒に23c用のタイヤチューブとタイヤを注文しました。

SNC00084SNC00085

ケミカル用品は左からディクリーザー、ルーブ、洗剤です。全てFINISHLINEのものを揃えました。こっちはあわせて6000円程ですかね。ディクリーザーは主にチェーンオイルを分解する溶剤です。雨の中100km以上走行しましたので、駆動部はかなり砂をかんでいまして、それを洗浄するのに使用しました。ルーブはただのオイルです。このタイプはギトギトせず、薄く油膜が張るような浸透性をもっていますので人気があるようです。ディクリーザーで落とした後は自分で注油しなければなりませんからね。洗剤は自転車専用の洗剤でして、お風呂で言うところのバスマジックリンのようなものです。泡を吹きつけ、後は流しながら磨くだけでピカピカという優れもの。こういったケミカル用品は塗装の種類によっては攻撃性があるようで、使用する場合は塗装面に対してテストしてから使うのが良いそうです。

今回買ったタイヤは手頃な価格のCLOSER(Panaracer)。真っ黒じゃ面白くないのでアクセントに青ライン入りを選択しました。チューブ3個とあわせて8000円程です。ホイールも変えたいところですが、値が張るので今回はタイヤのみ。EscapeR3のデフォルトホイールは重いみたいですが、見た目結構気に入っているので次の機会としました。

乗ってすぐわかりますが、漕ぎ出しからやっぱり推進力が違います。リアがちょうど1速分軽くなった印象です。交換からもう既に1週間以上乗っていますが、通勤でのアベレージが2km/hくらいアップしていますのでそれくらいの効果といったところでしょう。ただし、段差での突き上げ感は増しましたし、側溝などでより滑りやすくなりました。ちょっとした段差や溝でも重心移動をこまめにしないとたちまちパンクしそうな感じ。タイル床の歩道はとてもガタガタします。そういった意味では、やはりタイヤはある程度乗って(乗りこなして)から交換したほうが良いですね。私の場合は累計走行距離約1000kmで交換です。自転車のコントロール感覚がそれなりに備わっていたら、快適になることは間違いないですよ。

今度は200km超え

2010 年 11 月 26 日 19:00 コメントを投稿する 1,228 views

先日、初めて100kmというロングライドを経験した私ですが、勤労感謝の日を利用して4連休をとり、在住地である福岡市から地元の熊本県まで往復してきました。九州外の人間にはいまいちピンと来ないでしょうが、福岡市と熊本市の間は約100km程離れています。佐賀の場合は片道50kmの往復100kmでしたが、今回は片道100kmの往復200kmと言うことですね。1日で200km走ったわけではなく、1日目に往路、2日目に遊んで、3日目に復路と言った具合です。

今回もGoogle mapのルート検索を印刷したものとGPS付き携帯を準備し、トラブル対策に交換用チューブ、タイヤレバー、ドライバー、パンク修理キットを携行して出発しました。

SNC00079SNC00078

佐賀の時と違って今回はあまり写真を撮っていません。理由としては、ずっとある程度大きな道沿いで変化が無いこと、田舎道なら田舎道で右の写真のように何も無く変化が無いこと、返りに雨が降ったことくらいが挙げられます。

最終的なデータは走行距離224km、平均22km/h、Max60km/h。往復共に走行時間は5時間10分程で休憩を含むと往路は6時間、復路は8時間という結果でした。復路だけなぜこんなに時間がかかっているのかと言うと、70km地点のコンビニで飯休憩をとっていたんですが、腹ごしらえをして、いざ行こうと自転車にまたがってみるもガタガタ。明らかに後輪の様子がおかしい。触ってみて確信…パンクでした。何しろ雨が降っていたし、パッチによる修理は状況的に不可能と判断したので、リアタイヤを外し、ホイールからタイヤを外しチューブを引き抜いてから換えのチューブと交換後、タイヤを戻し空気を入れるという作業をしました。やったことがあればなんてこと無い作業でしょうが、初めてとなるとなかなかに大変です。その辺りは携帯を駆使して調べつつ、どうしても不安なところは普段からお世話になっているサイクルショップに電話して聞き、なんとか無事に乗り切ることができましたが、結局そこで2時間ほどロスした、と言うわけです。

このようなトラブルもあり、色々と大変でしたが何より楽しかったし、自転車の仕組みについてはかなりの経験値を得ることができました。道中は「引き返したい」「止まりたい」という欲求と幾度となく戦わなくてはなりませんので、メンタル的にもかなりトレーニングになるような気がします。

その反動、と言っては何ですが(タイヤの交換も難なくできるようになったし)、もう少し運行スピードを上げたいので細いタイヤに交換しようと思っています(もう既に注文しているので思っているだけではない)。多分乗りやすいクロスバイクの印象は消えてしまうでしょうが、かなり乗り慣れてきたし、まぁ良いかなと。交換したら紹介したいと思います。

はじめての100km

2010 年 10 月 22 日 19:36 コメントを投稿する 2,240 views

先日ひと月前に購入したクロスバイクの1ヶ月点検をしてもらってきました。Twitterでは結構つぶやいているものの、そういえばブログでは紹介していなかったので、今回はじめて100kmという(初心者にしては)長距離ライドもしたことですし、記事にしておきたいと思います。

まず、私が購入した自転車の紹介から。

SNC00047

クロスバイクとしてはお手頃なGIANTのEscape R3です。値段は新品で55000円程。ニューバージョンのEscape R3.1というものもありますが、色の好みでこちらにしました。

一般人であれば、自転車として55000円というのは非常に高価だと感じるでしょうが、クロスバイク全体で見ると安い方で、それでいて使われているパーツの精度の良さからコストパフォーマンスの高い製品として売れているようです。都会で30分くらい交差点を監視していれば1台は見かけるような、そんな具合です。

入門用の自転車として買う人も多いようで、この自転車を乗りつぶしてより高価な自転車に買い換えたり、この自転車をベースに改造して行くのが常例となっています。

私とて例外でなく、乗っているうちにさらに快適にする為に「ああしたい」「こうしたい」という欲求を抑えきれませんで、まずバーエンドバーをつけ、シートを換え、シートポストを交換し、今に至っています。もろもろ込みで80000円くらい使っていますかね。道具だけ~という訳でもなく、通勤で毎日10km、週に50km+は走るようにしていますので、9月頭から走った距離は900kmくらいになるでしょうか。通勤は片道5kmを15分かかります。街中しか通らないので信号が多く、バスだと30分かかっていましたので片道15分、1日30分も余裕が生まれました。それだけでなく、通勤交通費も抑えられるし、通勤・帰宅の際の発着時間に拘束されることも無くなりましたし、おまけに足も締まってきました。まさに良いことづくめです。

さて、そうやって自転車に乗っていると長い距離を走りたくなるわけです。しかし自転車だと自分自身がエンジンで、それなりに鍛えないと長距離は無理ですから、夜や休日を利用して、連続して走る距離を10km、20km、40kmと増やし、100kmに挑戦することにしました。

福岡市内某所から佐賀駅まで片道約50kmあります。往復すれば丁度100kmちょっとです。Googleのルート案内を徒歩で検索し、迷いそうなところは印刷して当日11時半に出発しました。携行品はスペアチューブ、パンク修理キット、空気入れ、工具類です。前日のシミュレーションでは、私は20kmを1時間で計算すれば楽々キープできるペースですので、片道2時間30分で計算していたんですが…。

福岡と佐賀の間に1つ大きな峠があることは前日のシミュレーションで知っていましたが、舐めすぎてましたね。まさか10km以上登りが続くとは思ってもいませんでした。冷静に車でのドライブを考えれば、そんなことは珍しくないですよね。でも自転車で峠道を走る10kmがこんなにキツイとは、改めて車の良さを感じました。

SNC00052 SNC00051 SNC00049

左の様な山の中で吉野ケ里町(佐賀県)突入。真ん中は丁度峠頂点近く。標高も結構あり、後ろに見えてる道でさえも結構登った後なのですが、それでもまだ登り続き。正直途中で何度も帰ろうかと思いました。右のような景色も全然珍しくない山道ばかリです。

SNC00055 SNC00056

結局、行きは3時間30分と1時間も遅れることに。原因はもちろん峠。折り返しとして予定していた時刻を余裕で越えていましたので、せっかく着いたのにうどんだけ食ってインナーを着替え折り返し。慣れたのか帰りは2時間20分で帰れました。合計5時間50分。佐賀駅の写真の中に「博多まで32分900円」とあるのが何とも皮肉。電車のほぼ10倍の時間がかかって、飲料や栄養補助食品代を併せて1000円くらいと金額も変わらず。それでも楽しかったんですが、もう少し朝早く出れば良かったと後悔しております。ちなみに左は有名な吉野ヶ里遺跡前です。

正直峠以外は思ったよりきつく無かったという印象でしたが、帰ってきてみると体重が朝から2kg程落ちていましたので、エネルギーは相当消耗したようです。今回、初めての100kmとしてはコースの選定が良くありませんでした。次回は2日くらい使って丁度100km程離れている熊本までを往復したいと思います。

SNC00046 今回1番失敗したのが右。ハンガーノック対策にブドウ糖が気軽に補給できるのはとても良いのですが、いかんせん飴は喉が乾きます。そのまま舐めると味も濃いし、呼吸の邪魔だしで良いことは全くありませんでした。

「運動中、いつでも気軽にブドウ糖チャージ」とう謳い文句に釣られたましたが、正直自転車以外の他の運動でも飴を舐める余裕はありませんよね。結局私はミネラルウォーターが入ったペットボトルに放り込んで溶かして飲んでいました。これでも効果があるのかは定かではありません。

と、自転車を買ってからというもの結構楽しんでます。非常に有用な足になるし、排気ガスもない。良い汗をかけるしでIT関係の仕事をしている人の中で自転車が趣味の人がそれなりにいるということも納得です。どうしても運動不足になりがちですからね。朝から目が覚めた状態で仕事に臨めるようになりましたし、意外と安い買い物だったかもしれません。ゲーマーの皆さんにも息抜きとしてオススメですよ。