Jeroblo
RSS

カテゴリー ‘PCカスタマイズ’ のアーカイブ

GeforceGTX660

2013 年 4 月 12 日 12:30 2 コメント 4,781 views

先日ビデオカードを560Tiから660に換装しました。

20130329_193921 20130329_194425

性能をあげつつ消費電力量と熱量は下がるという素晴らしい交換になりました。やっとVRAM容量が2GBになりましたので、またSkyrimでもプレイしてみようかなと思っています。

Razer Ouroborosを注文

2012 年 10 月 30 日 12:20 4 コメント 3,219 views

Razerの新たなフラッグシップモデルの「Ouroboros」のオーダー受付が開始されました。先日通知登録しておいたメールアドレス宛に案内が来ていたので速攻で注文処理を済ませております。送料を含めた価格は$155.10。日本円にして13000円前後でしょうか。

Razerのオンラインショップは先日リニューアルが行われたらしく、注文の際に改めて会員登録する必要がありました。また、前よりかなり分かりにくくなっています。私は注文が受理されたか分からずに2重注文してしまい、片方をキャンセルするという失態をやらかしてしまいましたので、注文の際には十分にご注意ください。注文後の確認メールは5~10分後くらいに来ます。この点は特にご注意が必要です。

注文後にリリース日が10月28日に変更になるというメールが1通きましたが、オーダー状態は今のところ処理中のままで、まだ発送されていません。週末には来てくれると嬉しいですね。

スペック的にはTaipanと同じセンサーですので同じ特性が予測できます。今回の注目はなんといっても角度と長さを調整可能なところと、入れ替え可能な2種類のサイドパーツかと思います。この機能がどのような感覚を生み出してくれるのか非常に期待が持てますね。到着し次第、その辺りを中心に開封インプレッションをアップする予定です。

今月はなかなかゲームがプレイできずに、まだ先日購入した2種のパッドのレビューさえ書いていない状況…紫電改の利用がやっと10時間超えそうですので、こちらについては近日中にレビューしたいと思います。出来ればOuroborosより先に2つのレビューを終えておきたいところですが…間に合うかな。

Fujitsu Primergy MX130 S2を買った

2012 年 3 月 20 日 12:00 2 コメント 18,114 views

数年使ってきたML115 G5の電源が壊れてしまったので、MX130 S2に買い換えました。鼻毛鯖辺りでも良かったのですが、せっかくphenom2x3の720BEがそのまま使えるこちらにしました。私が2000円Offクーポンで買った直後に4000円Offクーポンで買えるようになり、少し損した気分もありますが、本体とメモリを8GB買い足しました。計15800円でこれでも十分に安いですね。

20120317_20184720120317_201857

到着後、電源Onしてまずはそのままチェック→問題なし。メモリを取り替えbiosでの認識OK、CPUを取り替え認識OK、最後にmemtestを走らせ1pass通ったのでチェック終了としました。Windows7を入れた後、不明なデバイスさんは1人。Broadcomのこちらからx64用のドライバを当てて無事認識。グラフィックドライバが汎用のものになっていたので富士通のこちらからダウンロード検索で「Windows Server 2008 R2 Standard」用のグラフィックドライバを落としてきてインストールすることで「ATI Radeon HD4250」と認識されました。写真にもありますが、ケース内はスッキリしていて機構が無駄にカッコイイです。

image

最後にエクスペリエンスインデックスを測りました。他に報告されている情報と大差ないので大丈夫そうですね。薄くてスッキリしていて静かなのがこの製品の良いところです。早速常用したいと思います。

経験値

2011 年 11 月 4 日 23:02 コメントを投稿する 1,978 views

もともとプロフィール欄には「マウス経歴」、「マウスパッド経歴」として記載していた情報になりますが、時間軸を含めて図に整理してみました。ブログを始めた2007年以前は結構曖昧ですが、そこから現在までは正確な情報だと思います。ただ経歴を書いているだけでは、どの組合せで使用していたのかよく分からなかったので、こうすることで一目瞭然になりました。我ながらなかなか面白いデータだと思います。変更の多い2009年からは幅を大きくとってありますので注意が必要です。実際、ゲーミングデバイスとしてこの辺りの製品が注目され盛り上がってきたのは2007年くらいからではないでしょうか。

image

自身、自分で用意できない・触れないデバイスについては他の方のレビューが貴重な情報源となっています。また、そういった記事を読む際に、書き手がどのようなゲームをプレイしていて、今までどういったデバイスを使ってきたか、また物理的な面でも、マウスの持ち方や手のサイズ等が書かれているとより一層有用な情報になります。実際、マウスを"レビュー"するのであれば、これらの情報は必須であると個人的には思っています。

ちょうど良い機会ですので、忘備録も兼ねつつデバイスのレビュー全般についてのフォーマットと言いますか、レギュレーション的なものを整理しておきました。これはかねてより考えていたことで、これから自分で書く時にも指標があったほうが随分と書きやすくなりますし、また読みやすくもなります。あくまで私が考えた内容ですので正解も間違いもありませんが、デバイスレビューを書かれる際に少しでも参考になれば幸いです。

さっそくSenseiの使用も10時間を超えたことですし、近々このレギュレーションを元にレビューをしてみたいと思います。

GeforceGTX560Ti

2011 年 10 月 26 日 12:38 コメントを投稿する 62,795 views

2年ぶりにVGAを換装しました。28nmは来年だしそろそろ買おうと思っていたところに、店頭にて17680円で見かけたのでIYH。GAINWARDの定格モデルです。マイナーですが一応1年保証付きでした。

20111025_204733win_ex_befwin_ex_aft

メインストリームの定格リファレンスモデルに手を出すようでは、「趣味は自作PCです」とは恥ずかしくて言えません。あくまでPCゲーマーの延長線上な立ち位置になりましたね。安っぽさが否めませんが久々のこのサイズに安心感を覚えます。

物理的な接続に何ら変更がありませんので、ものの5分で換装し問題なく認識。エクスペリエンスインデックスも7.4から7.8にアップしました。性能的な上昇よりも、電源容量がカツカツだったことを少しでも緩和できたことが大きいですね。むしろ、これが目的だったので定格モデルで丁度よいという訳です。Afterburnerで同じプロファイルにてゲームを回してみましたが、VGAの温度は大体15度くらい下がりました。

晴れてDirectX11にも対応できました。最新のゲームを最高設定でやるには心許ないカードですが、コストパーフォーマンスは本当に高く、まさにTiと言う名が相応しいカードだと思います。