Jeroblo
RSS

残ったものは

2015 年 5 月 12 日 20:00 コメントを投稿する 2,506 views

皆様お久しぶりです。

8周年が来る前に記事を書いてみるリハビリ。

先日、ちょっとした環境の変化もあって、持っていたデバイス類の殆どを処分した。売ったり、捨てたり。そんな中で残ったものを紹介しようかな…と思い立って記事にする。50を越える製品の中から、ゲーミングデバイスと10年くらい本気で向き合ってきたおっさんが残した製品だから、それなりの意味はあるのかな~なんてね。

Intelli Mouse Explorer 3.0

これは残したかった。説明は要らないと思う。ほぼ新品の状態だし、これからもそうだろう。

MX510とG400

この2つ。おんなじ形だけど、ほぼこの形の製品の最初と最後。これにも思い入れがある。

DiamondBack

使い込んでて汚いんだけど、個人的に一番”Razer”だと思うマウス。僕の中ではこれがRazerの象徴であり、これからもそうだと思う。

37と38

DPのこの2つ。結局今このマウス(37)を使ってる。このブログを読んでいる人にはそんなイメージ無いかもしれないけど、僕にとって形はこれがベストでこれ以上ないと思う。所謂、IE3のクローンマウスは多いけど、それらよりちょっと小さいところがミソなのかも。今、このマウスの従兄弟がたくさん出てきてるから、壊れても安心である(笑)

Experience I-2

ガラスのパッドは今でもたまに使いたくなる。

飛燕と疾風

飛燕を初めて使った時、ものすごい衝撃的だった。マウスパッドを語る上では外せない製品になったと思う。疾風はそんなに使ってないんだけど、良いものだから捨てられなかった。

紫電改

今使ってるのはこのパッド。非常によく出来てると思う。

sUrface1030

初めて買ったマウスパッド。この当時はゲーム用のマウスパッドなんてこのくらいしかなかった気がする。表と裏で滑走面の特製を変えられるのは良いアイデアだった。

まとめ

こんな感じ。さて、トータルして一番印象に残っているマウスとマウスパッドを1個ずつ選ぶのであれば、RazerのDiamondBackとアーティザンの飛燕。性能がどうとか、そういう意味ではなくて、購入当時の印象とか、まわりの環境とかひっくるめての話。

ということで、このブログのゲーミングデバイス関連の記事を〆ようと思う。デバイスを評することはもうできないだろうから、また書くとしてもコラム的なものになるのかな。なんでラフな感じでいきなりこんなこと書いたかというと、普通の記事をここで書こうと思ったからである。ゲーミングデバイスについて一度きちんと締めたかった。別のところで書いていこうかと検討もしたんだけど、大したことも書けないし、最終的にここでいいやってね。

最後に1つ。ゲーミングデバイスを追ってる人は、今だからこそ敢えて普通のマウスコーナーにあるマウスも触るように癖をつけて欲しい。僕が常に大事にしてたことの一つでもある。特にレビューを書くのであれば是非に。

関連する記事