Jeroblo
RSS

Razer Manticor レビュー

2013 年 6 月 7 日 20:00 コメントを投稿する 12,471 views

固め書きとでも言いますか。貯めていた分は書いておきます。Razerの新しい金属製のパッド「Manticor」のレビューを公開します。

表面写真・特性

DSC_0079

写真でも分かるかと思いますが非常に滑らかな表面をしています。特性としてはにわかには信じられないバランスで、動きだしが非常に重く、ガチっと止まります。マウスソールが熟れていないとガチガチです。

メンテナンス・安定性

金属製ですので拭くだけではなく洗うことだってできます。汗などは浮いてしまいますので、汗っかきの人は使用中常にケアする必要がありますね。自重がかなりありますので安定性は抜群で、まずズレません。

相性

image

トラッキングも問題なし、LODも短くブレもない。相性としては全てのマウスにおいて抜群でした。

総評

正直、表面加工については思い切りすぎではないかと思うほどです。滑らかすぎて動きだしの抵抗が個人的にはあまり印象が良くありません。コントロールしやすいといえばそうなんですが、それにしても尖りすぎているような気がします。

Good

  • パッドが非常に安定している
  • 光学・レーザーともにセンサーとの相性が良い

Bad

  • 動き出しがかなり重い

最後に、Razer的にはManticorはSpeedに属する部類だそうですが、僕はこの分類がいまいち理解できません。低解像度ユーザー的な視点で、動摩擦の方を重要視しているからだからだと予測しますが、現在のマウスの一般的な解像度の800やら1000やらで使う場合、実質的な移動量は少なくなりますのでマウスは頻繁に止まります。細かい調整においては、マウスが止まっている状態から動かすことが多く、静止摩擦の方が重要だと思うんですよね。そういった視点で見たときに、このManticorはとてもSpeedという特性ではないように思います。動かしていれば確かにSpeedなんですけども…最近はそんなに激しく動かしませんよね。

このパッドが気になる方は1度触ってみることをオススメします。価格的にも性能的にも万人向けにオススメできるパッドではありません。

Amazon

関連する記事