Jeroblo
RSS

DRTCM38の遅延現象再検証

2013 年 4 月 24 日 13:10 コメントを投稿する 7,480 views

先日、DRTCM38および37の新しいファームウェア0.0.21がリリースされましたので早速遅延が解消されていないか検証してみます。

37-38new

どちらもファームを0.0.21に更新してからの測定結果です。ご覧の通り前回のような大きな遅延は解消されています。差が大きいところでも4ms程度の遅れになっているようです。

プラスして、38と同系統のセンサーを搭載しているTaipanと、サンプルとしてのDeathAdder2013のデータをとってみました。※以下はファームウェア更新前の37との比較です。

37-taipan

37-da2013

37に比べ、Taipanは6ms程遅く、DA2013は1ms程度速いという結果が得られました。以上を一覧に追記します。

 compare

全てまとめるとこのような感じです。あくまでカーソル移動に関する遅延量の目安です。私は2年近くMambaを愛用してきたのですが、このように見てみるとMambaって結構遅かったんだなぁと思ってしまいますね…こうなるとなかなか使い辛い。傾向的にはやはりレザー式のセンサーに比べ、光学式のセンサーの方が機敏な動きをするようですね。

この記事をまとめていて思ったのですが、新しいファームで37と38の差が無くなったのは良いものの、37の方もファームが更新されていますので、その他(変わっていない個体)との相関を再測定しなければ上表の結果は確定できませんね。「37の遅延量が増えて差が無くなった(笑)」なんてことは無いと思いますが、今夜帰宅したらDA2013あたりと再度確認しておきます。

Amazon

関連する記事