Jeroblo
RSS

Razer Ouroboros レビュー

2012 年 12 月 23 日 23:00 コメントを投稿する 10,589 views

予定より少し遅れてしまいましたが「Ouroboros」のレビューを公開します。

使用環境

image

形状考察

外形

20121215_17232320121215_172732

20121215_17233420121215_172355

ギミックについては動画にて詳しく説明しておりますので、レビューでは僕自身に最適化した設定にて固定し、詳しい説明は割愛させていただきます。

Taipanと似ていると勘違いしている方もおられるかもしれませんが、実際には形状は全く異なります。左右対称マウスですので、非対称型のフィット感と比べれば違和感の多い形状となりますが、そこは全長の長さと手のひらの受け部分の角度を調整することで緩和することができます。

サイドパーツをウイング型にするとよりかぶせ持ち向きに、グリップ型にするとよりつまみ持ち向きに印象を変えることが可能です。

グリップ

全体としてザラザラとした梨地加工がしてありますのでグリップは良いです。ただし、ウイング型のパーツを付けている場合、親指が大きいと少し力が入りにくくなりリフト動作が安定しません。対照的に、グリップ型のサイドパーツはゴムが貼り付けてあり、形状的にも内側に反っているのでリフト動作が非常に安定します。

持ち方

20121215_17245020121215_17245520121215_172501

20121215_17264620121215_17265220121215_172657

やはりウイング型はかぶせ、爪立て向き、グリップ型は爪立て、つまみ向きとなります。また、当たり前ではありますが、今回初めてウイング型のマウスを使ってみて気づいたことが1点。たしかに精密にコントロールできるようになりますが、リフト動作の時にすごく邪魔でして、ローセンシな設定だどうして鬱陶しいですね。あまりリフトを行わないハイセンシな環境で使われると非常に良いパーツかと思います。

クリックボタン・ホイール

20121215_17252920121215_172537

クリックは左右とも非常に軽いバランスです。一見セパレート式に見えますが、結構根元の方でマウスとつながっておりますので、印象は今までの一体型の感覚と変わりません。ホイールは径が小さいものになっていますが、そこまで軽くなく、1カウントごとに適度に抵抗があります。ホイールクリックも安定して行えます。

サイドボタン・追加ボタン

20121215_172545

サイドボタンはとても褒められないです。遊びが無いくせに固く即応性に乏しいバランスをしています。また、このサイドバーツ自体を押し込むことでボタンとして扱えるようになっており、コンフィグレータで動作を設定出来ますが、使用しようものなら非常に不安定になるだけでして実用性はありません。

ケーブル・ソール

20121215_17261920121215_172411

ケーブルはRazerのいつも通りの布巻きケーブルで丈夫です。ソールの形状は写真の通り。非常に珍しい形ですね。以前の動画中でも触れていますが、後ろにソールが無いおかげで、自重を後ろ側に乗せるとマウス前方が浮きます。これはOuroborosの大きな弱点です。

性能考察

直線補正

image

Taipan同様Razerのマウスにしては強めにかかる感じです。

パッド相性

image

今回からArtisanの紫電改を相性検査対象に組み入れました。シリコン製のMegasoma以外では問題無い特性が出ています。Surface CalibrationはOffにて測定しておりますが、Taipanよりセンサーの実装が上部にあるのか、LODが短くなっています。

センサーの同じTaipanとほぼ同じ特性が出ておりますのでDPIスケーリングのチェックは割愛します。

設定面考察

config1config2config3

設定は全てRazer Synapseにて行います。真ん中はサイドのボタン割り当て設定です。Surface Calibrationも行えます。個人的にRazer製品の癌はSynapseです。最近やっとOfflineモードも搭載されたようですが、信頼性は全くありませんね。これについては後日記事にて扱おうと考えています。

総括

まずは利欠点を整理します。

GOOD

  • センサーは割と安定感がある
  • おもしろいギミック
  • 見た目もCool
  • 左右対称

BAD

  • DPIのゆらぎ(Taipanレビュー参照)
  • 無線使用でホイールの移動量が欠落する
  • サイドボタンの完成度
    測定結果を見て分かるとおり、センサーには割と安定感があります。しかし、若干の揺らぎは依然として残っており、繊細な人は動きだしの引っかかりが気になると思います。また、無線で使っている時に武器変更ができないことが多々あったので気づいたのですが、どうやらマウスが動いている状態でスクロールをするとスクロールの移動量が欠落するようです。有線では気にならなかったので無線使用時特有の問題かもしれませんが、この現象は頻発しますので結構なストレスになります。

購入した当初から余り印象は良くありませんでしたが、レビューを終えてみてもやはり本気マウスというよりか、どこか遊びを感じる尖ったマウスですので、そういう見方をするのであれば割とまともに使えるバランスに仕上がっています。価格が安くありませんので、気軽にオススメすることはできませんが、見た目とギミックが気に入るのであれば購入しても損するということはないでしょう。とはいえ見過ごせないバグは抱えていますので、早急な改善を期待します。

サイドパーツの2つのアイデアと全長・傾きの調整ギミックは非常に面白く、是非このままこの方向でも研究してより良くしていただきたいですね。

Amazon

関連する記事