Jeroblo
RSS

乾杯をしよう、若さと過去に

2012 年 1 月 18 日 20:00 4 コメント 5,629 views

20120113_210036もう皆さん聞き慣れた頃でしょうがSkyrim中の歌の一節です。Skyrimをやっているとどうしてもミード(蜂蜜酒)の味が気になって仕方ないのですが、最近は私のような方は多いようで、密かにミードが売れているそうです。日本には全くなじみのないこのお酒、名前の通り蜂蜜に水を混ぜることで発酵させて作るお酒でして、ビールやワインよりも歴史があるそうです。

前置きはこの辺りにしておいて、飲んでみないとわからないということで私も購入してみました。今回購入したのは「ドゥヴイニャク スタロポルスキ」という銘柄。Skyrimのグラフィックと一番似ているとのことで選択しました。750mlが送料込みで4000円程と決して安くないお酒です。

まずはストレートで飲んでみるとさすがに濃い。蜂蜜特有の甘さがガツンと来ますが、そこからは蜂蜜の香りを残しつつ、後からラズベリーの酸味が効いてきてなかなかバランスのとれた飲み口だと思いました。

次にロックで試してみました。これは良い。グラスを軽く回して少し冷えた頃に飲むと、初回の甘みが抑えられてキレの良い印象になります。アルコール度数も16度とそこまで高くないので、結構ゴクゴクいけてしまいますね。私はこれがデフォルトとなりそうです。飲み方としては、食事中というよりは食後がベストだと感じました。今まで食後に飲む場合には何か軽くつまみながら~という感じで飲んでいたのですが、ミードの場合はこれだけで十分デザートになります。

 20120113_20475220120113_205005

Skyrimには抜群に合いますので、蜂蜜酒を飲みながらプレイすることでより一層Skyrimの雰囲気に浸ることが出来ます。

高いこともあり非常に気に入ってまして、1回にだいたい2杯程度飲んでいます。悪酔いもありませんし、次の日に残ることもありません。そんなに酒飲みではありませんが、今のところ「ご飯を食べて落ち着いたら飲みたくなるお酒」の筆頭ですね。今まで食後に飲むと言ったら芋焼酎くらいでしたが、酔いたい場合は芋、味わいたい場合にはミード、と上手く棲み分けが出来たような気がします。ちょっと高いのが残念なところですが、1本はストックしておきたい、そんな出会いになりました。もう既に無くなりそうですが、次はまた違う銘柄を注文してみようと思います。

関連する記事