Jeroblo
RSS

2011年12月 のアーカイブ

2011年も終わり

2011 年 12 月 31 日 23:56 コメントを投稿する 1,163 views

当ブログをはじめてから5回目の大晦日となりました。2011年は1年間で約170000ものアクセスがありました。本当にありがとうございます。前年に比べ減少しているのは記事数の少なさが影響しているのでしょう。本年はゲーム系のレビューは敬遠しまして、デバイスのレビューやインプレッションを中心に書いてきた結果、前年の倍以上の数を書くことが出来ました。是非これは来年も続けていきたいと思います。

本年最もアクセス数の多かった記事は順に以下の通りです。

Cherry軸の特性についてまとめた記事は本年中に作成したものではありませんが、外部から参照されることが多く、内容も簡潔でなかなか良い記事が書けているのではないでしょうか。それ以外にも今年書いたレビュー記事がランクインしておりますので、来年もこれらの様な内容に意義のある記事を書ければと思います。

それでは、来年もよろしくお願い致します。

今年のゲームを振り返る2011

2011 年 12 月 28 日 20:00 コメントを投稿する 1,723 views

2011年も残すところあと数日となりました。毎年恒例ですが、今年プレイしたゲームの中から気に入った作品を、ハードごとに整理したいと思います。

ドラゴンエイジ:オリジンズ(Xbox360)

2009年にPC版としてGame of the Yearに近い評価をしたドラゴンエイジの日本語版。今年初めに発売された作品ですね。今年はXbox360のソフトは数本しか購入していないので、その中の印象で決めてしまうと自ずとこれになってしまいます。Raptrの記録ではプレイ時間が64時間で、たしか2周していたはずです。PC版でも100時間ほどプレイしていますので、このゲームの面白さを証明していますね。

次点:該当無し

ダークソウル(PlayStation3)

PS3からはダークソウルを挙げておきます。プレイ時間は50時間そこらだったと思います。シリーズをアクションRPGの一つのスタイルとして確固たる地位に押し上げた作品になりました。難易度もちょうど良く、前作に比べ細かなところで改善が見られ、より快適にプレイすることができます。発売直後に安定性に問題があったことだけが悔やまれますが、依存せずに気軽にプレイできる半MOの様なマルチプレイは日本人にピッタリだと思います。デモンズソウルの口コミからか今作はかなり売れましたので、次作が本当の勝負になりますね。非常に楽しみです。

次点:L.A. Noire

スーパーマリオ3Dランド(Nintendo3DS)

3DSからはマリオカートではなくオリジナルのマリオを挙げます。正直通常ステージクリアまでは凡ゲーですが、スペシャルが登場してからがこのゲームの本番です。使い回しが多いのに、クローンに追われる・時間に追われるという風にクリアを急かされるだけでここまで難易度があがるものかと感心しました。特に「全ステージをマリオ・ルイージの両方でクリアする」「スターコインを全て集める」「全ての面でポールの頂点を触る」等の条件を達成し、☆5にした後に出現するボーナス面での開発陣の「遊び」はなかなか楽しかったです。以上のように全要素楽しんでのプレイ時間は20時間程。携帯機でアクションゲームとしてはボリューム満点です。

次点:マリオカート7

The Elder Scrolls V:Skyrim(PC)

まぁこれは文句なしかと。期待以上の出来でした。サウンドも素晴らしい。UIが腐っていたり、バグが多かったり欠点も多々ありますが、正直バニラ(MOD無しのノーマルの状態)でここまで遊べたら十分です。現在のプレイ時間は70時間で、MODはUI周りの改善(SkyUI)とパフォーマンス改善系(TESV Acceleration Layer)だけ入れて遊んでいます。間違いなく今後数年は基準となるゲームだと思います。早くも2周目が楽しみです。

次点:FIFA12

ガッカリ賞

  • The Witcher2(PC) — ゲームは面白かったです。日本語の約束まだ忘れていません。
  • Dragon Age2(PC) — 戦闘は非常に面白かったです。話がDLCレベルだったのですが本編はいつ発売でしょうか。

総括

記載しているもの以外のハードは「該当無し」ということで勘弁ください。今年は年末にかけて特にPCゲームで大作のリリースが続きましたので皆さん忙しかったのではないでしょうか。私も例に漏れず忙しかったのですが、時期的にもクオリティ的にもSkyrimに全て持っていかれた感じです。来年もDiablo3などの大作が待っていますので、今年と同じように健康を維持してプレイしていきたいと思います。

Razer Imperator 新旧比較検証

2011 年 12 月 27 日 12:30 コメントを投稿する 3,976 views

Razerの4Gセンサー(デュアルセンサー)が発表されてから、RazerのフラッグシップモデルであるMambaとImperatorは旧型の3.5Gレーザーセンサータイプが置き換えられた訳ですが、今回はImperatorについて、旧型と新型の比較検証(主にパッドとの相性)を行ってみましたので、考察と共に公開します。以後、従来のImperatorを「旧型」と、新型のImperator 2012を「2012」と省略させていただきます。

使用環境

OS Windows7 x64 Ultimate
DPI 共に1000
ポーリングレート 共に500Hz
手のサイズ 20cm
(人差し指先から手首のシワまで)
各種バージョン Imperator Firmware version:1.13
Imperator Driver version:1.02
Imperator 2012 Firmware version:1.01
Imperator 2012 Driver version:2.00
特殊設定値 Imperator 2012 Surface Calibration:off
レギュレーション 1.1

表面加工

表面加工はRazerのマウスDeathAdderとDeathAdder BlackEditionの差と同様です。詳しくはこの辺りの記事が参考になるかと思います。ただし、DeathAdder BlackEditionとは違いRazerのエンブレムが光ります。その変わりにMamba 2012の様な色の調整はできません。クリックやボタン・ホイールなどについては質感の違いだけで印象はほぼ変わりません。

20111225_163258

マウスパッドとの相性

代表的なパッドとの相性は以下の通りです。

旧型

  布1
QcK
布2
飛燕
プラ
Scarab
シリコン
Megasoma
メタル
Ironclad
ガラス
I-2

NA/PA

若干 若干 若干 若干 若干 若干
CS なし なし なし なし なし なし
ぶれ あり あり なし あり なし なし

Lift Off

2 1 1 1 2 1
相性

2012

  布1
QcK
布2
飛燕
プラ
Scarab
シリコン
Megasoma
メタル
Ironclad
ガラス
I-2

NA/PA

若干 若干 若干 若干 若干 若干
CS なし なし なし なし なし なし
ぶれ あり なし なし なし なし なし

Lift Off

2 1 1 1 2 1
相性

※NA/PA — ネガティブアクセル、ポジティブアクセル
※CS – カーソルスキップ

すこし複雑な話になりますが、NA/PAが全て若干であるのはDynamic DPI Scaling(以後DPIスケーリング)の影響の為です。レギュレーション1.1の測定方法では全てにおいて移動量に差がでますが、これらはDPIスケーリングが原因であり、パッドに起因するものは無いと言う判断で「若干」という表現をしています。

2012になり少し柔軟性が増しています。やはり硬質系のパッドとの相性が良いようですね。

DPIスケーリングの差

さて、DPIスケーリングの効き具合を見てみます。

imperator dpi

同じ速度・同じ距離にて上記の様になります。Mambaでのレビューの通り、2012では随分マシになっています。これはほぼSenseiの挙動と変わらないと言っても良い程微妙な差です。対して旧型は非常に苦しい。通常用途で十分にあり得るスピードでも結構削られることがありますので、やはり明瞭に引っかかりを感じます。

総括

現状は製品が置き換えられていますので選択することはできませんが、結果を踏まえても2012を購入する方が良いですね。DPIスケーリングの振る舞いも随分マシになり、パッドに対する柔軟性も上がっていますので、旧型を使用していてImperatorを気に入っている人にとっては2012は十分購入に値すると思います。

初心者にオススメできるようなマウスではありません(というかRazer製品全般がそうです)が、つまみ”持ち特化型のRazerマウスを使いたい人”には2012がベストなマウスだと思います。

Razer Electra Unboxing

2011 年 12 月 23 日 0:47 コメントを投稿する 5,744 views

カジュアル向けとされるRazerのヘッドセットElectraの開封動画を公開します。

続きを読む »

TESV:Skyrimを遊ぶ

2011 年 12 月 20 日 12:30 コメントを投稿する 9,824 views

皆さんもSkyrimで寝不足な毎日を送られていることだと思いますが、やっぱり面白いですね。私のキャラは二刀流、軽装キャラで、この様なビルドを計画して育てています。今のところメインクエストはそっちのけで、同胞団、盗賊ギルドのクエストラインを終了しLv40。リフテンの家を活動の拠点とし、嫁にムジョルを迎えています。

2011-12-19_00003 2011-12-18_00007

50時間もプレイしているとバグも少なからず発生している状況でして、私の場合、リフテンの家を購入したときに致命的なバグが発生しました。内容はリフテンの従士イオナが消えてしまい、「リフテンの首長のところに戻る」といったクエストが残るといったものです。調べてみると既にコンソールを使った解決方法が書いてありましたので、対応手順をここにも書いておきたいと思います。

2011-12-20_00002 2011-12-20_00003 2011-12-20_00005

左の画像のようにこのクエストが残り、この状態でライラに話しかけても特に選択肢もなく進展しません。そこでコンソールを起動し「player.setstage FreeformRiftenThane 200」と打ち込みます。通常のプレイを無視し力業でクエストを完遂させるコマンドですので、実行する前には必ずセーブデータのバックアップを取り、自己責任で実行してください。このコマンドを実行するとクエストが完了とみなされ、報酬をもらうと同時にリフテン自宅の従士の部屋の改装が正常に行われます。こうすることでリオナも正常に現れるようになります。成功していれば右の写真の様に地下の奥の部屋に家具が設置されます(バグ発生時点ではこの部屋はゴミで散らかっています)。

家の購入から一気に家具を購入してしまったのでこのような状況になったのかもしれません。リフテンで家具を購入する際には1つずつ確認しながらゆっくり行うことを推奨しておきます。ちなみに真ん中の画像の「スカルドから賞金を受け取る」というクエストも報告したにも関わらずクエストログに残るというバグが発生しているのですが、こちらについては今のところ特に対応手段が無いようだし、特に致命的でもないので放置しています。