Jeroblo
RSS

カンボジア旅行記 2日目

2011 年 7 月 9 日 20:12 コメントを投稿する 3,207 views

2日目です。2日目は緑色で現しております。

day2

2日目はまる1日かけてアンコール遺跡群を回りました。現地の人以外は遺跡に入るにはパスが必要で、入場の際にチェックされます。このパスが結構良い値段するもので、3dayパスで$45と記載してありました。今回の場合、パスの料金も含まれているので別途用意することは必要なかったのですが、現地の物価と比較するととてつもない高さです。

お金について解説しておくと、シェムリアップでは普通に米ドルが流通しています。何を買うにも基本的にUSDでの価格記載で、1ドル以下を扱う場合に現地通貨の「リエル」を使用します。1ドルがだいたい4000リエルということで計算されていました。ちなみに、コンビニっぽいお店でビールを買うと$0.9程、ホテルだと$2~4、ミネラルウォーターもだいたい同じです。

アンコールワット

2011-06-29 08.56.362011-06-29 09.05.582011-06-29 09.11.32

2011-06-29 09.20.302011-06-29 09.44.402011-06-29 09.56.28

至る所に写真のような細かい彫刻が見られます。有名な箇所ではガイドさんが、彫刻の情景であったり、歴史・宗教的な背景をを交えた観点から丁寧に日本語で解説してくれます。

2011-06-29 10.03.522011-06-29 10.23.332011-06-29 10.32.14

2011-06-29 10.51.442011-06-29 10.42.282011-06-29 10.51.55

ある程度しっかりした格好でないと登れない第3回廊。今でこそ階段付きですが、本当は狭くて急な石段を使って昇降するようです。帽子をかぶっていたり、ノースリーブだったり、ショートパンツだったりすると入れないようです。

2011-06-29 11.09.002011-06-29 11.09.062011-06-29 11.12.41

タ・プローム寺院

ラピュタのモデルではないかと言われている有名な遺跡ですね。

2011-06-29 12.06.522011-06-29 12.16.392011-06-29 12.19.452011-06-29 12.11.24

何の気なしに撮った写真もこのとおり。この場所は本当に神秘的で、生命の力強さを感じます。

2011-06-29 12.15.492011-06-29 12.32.592011-06-29 12.10.29

一番右の写真は遺跡の基礎になっているレンガを拡大したものです。ガイドさんの話では、経年により泥の部分が朽ち果て、鉄分だけが残りこのようなボコボコのレンガになっているそうです。

アンコールトム

アンコールトムはアンコールワットと比較しても大きく、勝利の門や南大門などの門と城壁に囲まれた都市遺跡です。

P1080629P1080650P1080673

P1080680P1080682P1080669

プノンバケンの丘

天気が良ければここで夕日を鑑賞する予定でしたが、昼から少し雨が降ったので夕日は見れず。それでも景色は良かったです。

P1080706P1080698P1080702

うまく写真が残ってないのですが、手を使わないととても登れない幅10cm位の急な階段を5,6m登ると展望台のようになっています。

その他

ご飯はアンコールトムに行く前に中華を、全て回った後にクーレン2というところでアプサラダンスを見ながらクメール料理をビュッフェで頂きました。

2011-06-29 19.26.212011-06-29 20.09.28

ビュッフェと言いつつもクメール料理中心なので、基本的に先の”カンボジア臭”が香ります。私はチャーハンやフライドチキン、生春巻きを中心に美味しく頂きました。

関連する記事