Jeroblo
RSS

Razer Naga Epic Unboxing

2011 年 4 月 28 日 12:00 2 コメント 3,110 views

さて、いよいよ今日から日本でも発売が開始されました、RazerのハイエンドMMO向けマウス「Naga Epic」の開封動画を公開します。

まずは開封編

外形周り

センサー及びコンフィグレータ

以上になります。

後から見てみると今回は特別カメラワークが悪く、見難い点も多々あります。雑な印象を与えてしまい申し訳ない限りです。せっかく動画で公開するのですから、この辺りは改善したいと思っています。

今の時点での利欠点をまとめます。

良い点

  • 快適な無線性能
  • 無線時設定応答の改善
  • 様々な持ち方に対応するサイドプレート
  • サイドプレートの仕上がりが良い(安っぽくない)
  • 充電台座への吸着感
  • 追加ボタン配置の改善(左クリックエッジ部分からホイール下部へ移動)
  • 高級感
  • Mambaより若干増えたバッテリーの放電容量

悪い点

  • DPIスケーリング

動画中で触れていない項目について少し補足しますと、充電台座にはどうやら磁石が埋めこんであるようで、ある程度台座にNagaのお尻を近づけると、吸い込まれるように設置できます。これは大きな改善点です。Mambaの場合は特にそんな仕掛けはありませんでしたので、充電台座に置いていても上手く接触していないといったことが多々有りました。

バッテリーについて、どうやら同じスペックで放電容量(要は持ち時間)だけ増えているようです。これは私のMambaが初期ロットに近い個体ですので、いつからこのタイプに変わったのかは定かではありませんが、少なくともNaga Epicに付属してくるバッテリーは1100mAhの放電容量がありました。私のMambaのバッテリーは800mAhですので単純に27%程増えています。

最後に、DPIスケーリングについては、最初から期待していませんでしたが、やはり搭載の挙動を示しています。若干改善(無視する速度が少し下がった?)しているような傾向もありますが、詳細に比較した訳ではありませんので、あくまで印象的な話であることに念を押しておきます。これはオリジナルのNagaと比較して明確にしたいと思っています。

開封からインプレッションを総括しますと、上にもありますように、今のところ悪い点がDPIスケーリングしか見当たりません。Gridキーが押し難いのは相変わらずですが、非常に良いものに仕上がっているというのが素直な感想です。性能の詳細なレビューは後日記事にする予定でおりますので、相性等見てほしいものがありましたら今のうちにご連絡ください(私が持っているパッドはプロフィール欄に列挙してあります)。

Amazon

関連する記事