Jeroblo
RSS

Carcharias使用感レビュー

2010 年 11 月 28 日 16:25 2 コメント 3,261 views

RazerのミドルレンジヘッドセットであるCarchariasを約1ヶ月間使用しましたのでレビューを残しておきたいと思います。個人的にヘッドセットのレビューというのは初めてでして、音楽的な知識は素人ですので、性能的なレビューというよりか、個人的な使用感を元にしたレビューということでご容赦ください。

レビューの主旨としては単純に現在まで使用してきたSennheizerのPC161に勝てるかどうかになります。PC161は装着感とぼんやりしている音質以外は弱点のないヘッドセットです。総合的に見てCarchariasがPC161に成り代われるかどうかという所を中心に見ていきたいと思います。

外形

LEDが付いていないので発光はしませんが、十分にRazerっぽい感じを醸し出しています。

SNC00086SNC00087SNC00088

マイクの可動域、イヤーパッドの可動域ともに問題なし。イヤーパッドはかなり伸ばすことが出来ますのでかなり頭の大きい人でも大丈夫でしょう。装着感もバッチリで頂点部にもRazerの刻印。こういう所が粋ですね。

SNC00092SNC00090SNC00093

マイクブームは結構わがままな作りをしています。完全に口元に持ってくることは不可能でポップガードも特に付属していません。どうしてもポップガードをつけたい場合はスポンジなどで自作するしかなさそうですね。

作りは値段の割に安っぽい印象。特にイヤーパッドの調整部分は左右とも保持力が弱く、段階的な調整も出来ないので、装着の際に毎回調整することになります。

音質

あまり詳しく書けるような知識は持ちあわせていませんが、音楽鑑賞用のATH-AD500と遜色ない音質をしています。若干HiLowが強めの所謂ドンシャリ系の音質です。音圧も少なく長時間使用していても疲れにくいヘッドフォンだと思います。もちろんPC161と比較するならば、比較にならないほど高音質です。分かりやすく言うならばPC161で聞こえない音も聞こえます。

マイク

SNC00094マイクはたしかに高品質で、非常にクリアな入力が可能になっていますが…それが悪影響してか開放型のイヤーパッドからの音漏れをそのまま拾ってしまいます。そのままではゲームでの使用なんてとても出来ないわけです。これについては非常に試行錯誤しました。試用期間中は、ほぼこの問題の調整に費やしたと言っても過言ではないくらいです。

PCのサウンドカードのMic-Inにつないでいるだけでも、調整出来るレベルは沢山ありますよね。Mumble等のアプリケーションでの調整、Windowsでの調整。そして私の場合、もう少し詳細な調整が可能なようにマイクは別ソースを経由して2段階で入力しています。別ソースと言っても特別なわけでなく、PCに付けているもう1つのオーディオインターフェースUA-4FXです。これを挟むことでPC入力前段階で簡単な音の加工もできるし、ノイズフィルタリングや音量調整も可能になります。

入力値をそのままリスニングしながら色々と調整してみましたが、結局こいつをもってしても最適な設定を見つけ出すことはできませんでした。妥協点は見つけることが出来ましたが、ハンズフリーで使う上では音漏れが少なからず入力されてしまいます。音漏れの入力レベルが自身の小声の入力レベルを優に越えている時点で破綻していますよね。マイクをできるだけ口元にし、ある程度大きな声でしゃべるのを前提にして、Mumble等の認識閾値を結構上げてやれば使えないことはありませんが、何気なく発した声の初めの部分が入力出来ていなかったり、それでいてボイスチャット越しに友人が発した奇声は入ってしまうというなんともストレスの貯まるボイスチャットしかできませんでした。もう少し煮詰めれば最適な設定を見つけ出すことができるかもしれません。まぁでもこれだけ繊細だと、気軽に使うということは到底出来ませんよね。

総評

ということで総評です。ちょっと安っぽいですが、ヘッドフォンの性能、装着感は共に全く問題がなく、出来れば積極的に使いたいと思うくらいの出来です。しかし、私の使用環境下ではどうしてもマイクが足を引っ張り、ゲームで使うということを考えると、PC161を選択してしまいます。Razer日本代理店のMSYさんの話では、マイクについては利用者によって全く気にならなかったり、全然使えなかったりと2極化しているそうです。ですから、現状は利用者の使用感を元に対応なさっているようですが、もしかしたら音漏れ云々の問題は製品個体差に起因するものかもしれません。巷のレビューを調べてみてもたしかに感想も2極化しています。私の場合は「使えない」という判断を下しましたが、マイクがまともに使えたら(音漏れが多少なりとも軽減されれば)間違いなく優秀なヘッドセットですので、機会があれば別の個体で試してみたいなぁと思っています。

関連する記事