Jeroblo
RSS

2010年11月 のアーカイブ

Carcharias使用感レビュー

2010 年 11 月 28 日 16:25 2 コメント 3,368 views

RazerのミドルレンジヘッドセットであるCarchariasを約1ヶ月間使用しましたのでレビューを残しておきたいと思います。個人的にヘッドセットのレビューというのは初めてでして、音楽的な知識は素人ですので、性能的なレビューというよりか、個人的な使用感を元にしたレビューということでご容赦ください。

レビューの主旨としては単純に現在まで使用してきたSennheizerのPC161に勝てるかどうかになります。PC161は装着感とぼんやりしている音質以外は弱点のないヘッドセットです。総合的に見てCarchariasがPC161に成り代われるかどうかという所を中心に見ていきたいと思います。

外形

LEDが付いていないので発光はしませんが、十分にRazerっぽい感じを醸し出しています。

SNC00086SNC00087SNC00088

マイクの可動域、イヤーパッドの可動域ともに問題なし。イヤーパッドはかなり伸ばすことが出来ますのでかなり頭の大きい人でも大丈夫でしょう。装着感もバッチリで頂点部にもRazerの刻印。こういう所が粋ですね。

SNC00092SNC00090SNC00093

マイクブームは結構わがままな作りをしています。完全に口元に持ってくることは不可能でポップガードも特に付属していません。どうしてもポップガードをつけたい場合はスポンジなどで自作するしかなさそうですね。

作りは値段の割に安っぽい印象。特にイヤーパッドの調整部分は左右とも保持力が弱く、段階的な調整も出来ないので、装着の際に毎回調整することになります。

音質

あまり詳しく書けるような知識は持ちあわせていませんが、音楽鑑賞用のATH-AD500と遜色ない音質をしています。若干HiLowが強めの所謂ドンシャリ系の音質です。音圧も少なく長時間使用していても疲れにくいヘッドフォンだと思います。もちろんPC161と比較するならば、比較にならないほど高音質です。分かりやすく言うならばPC161で聞こえない音も聞こえます。

マイク

SNC00094マイクはたしかに高品質で、非常にクリアな入力が可能になっていますが…それが悪影響してか開放型のイヤーパッドからの音漏れをそのまま拾ってしまいます。そのままではゲームでの使用なんてとても出来ないわけです。これについては非常に試行錯誤しました。試用期間中は、ほぼこの問題の調整に費やしたと言っても過言ではないくらいです。

PCのサウンドカードのMic-Inにつないでいるだけでも、調整出来るレベルは沢山ありますよね。Mumble等のアプリケーションでの調整、Windowsでの調整。そして私の場合、もう少し詳細な調整が可能なようにマイクは別ソースを経由して2段階で入力しています。別ソースと言っても特別なわけでなく、PCに付けているもう1つのオーディオインターフェースUA-4FXです。これを挟むことでPC入力前段階で簡単な音の加工もできるし、ノイズフィルタリングや音量調整も可能になります。

入力値をそのままリスニングしながら色々と調整してみましたが、結局こいつをもってしても最適な設定を見つけ出すことはできませんでした。妥協点は見つけることが出来ましたが、ハンズフリーで使う上では音漏れが少なからず入力されてしまいます。音漏れの入力レベルが自身の小声の入力レベルを優に越えている時点で破綻していますよね。マイクをできるだけ口元にし、ある程度大きな声でしゃべるのを前提にして、Mumble等の認識閾値を結構上げてやれば使えないことはありませんが、何気なく発した声の初めの部分が入力出来ていなかったり、それでいてボイスチャット越しに友人が発した奇声は入ってしまうというなんともストレスの貯まるボイスチャットしかできませんでした。もう少し煮詰めれば最適な設定を見つけ出すことができるかもしれません。まぁでもこれだけ繊細だと、気軽に使うということは到底出来ませんよね。

総評

ということで総評です。ちょっと安っぽいですが、ヘッドフォンの性能、装着感は共に全く問題がなく、出来れば積極的に使いたいと思うくらいの出来です。しかし、私の使用環境下ではどうしてもマイクが足を引っ張り、ゲームで使うということを考えると、PC161を選択してしまいます。Razer日本代理店のMSYさんの話では、マイクについては利用者によって全く気にならなかったり、全然使えなかったりと2極化しているそうです。ですから、現状は利用者の使用感を元に対応なさっているようですが、もしかしたら音漏れ云々の問題は製品個体差に起因するものかもしれません。巷のレビューを調べてみてもたしかに感想も2極化しています。私の場合は「使えない」という判断を下しましたが、マイクがまともに使えたら(音漏れが多少なりとも軽減されれば)間違いなく優秀なヘッドセットですので、機会があれば別の個体で試してみたいなぁと思っています。

今度は200km超え

2010 年 11 月 26 日 19:00 コメントを投稿する 1,276 views

先日、初めて100kmというロングライドを経験した私ですが、勤労感謝の日を利用して4連休をとり、在住地である福岡市から地元の熊本県まで往復してきました。九州外の人間にはいまいちピンと来ないでしょうが、福岡市と熊本市の間は約100km程離れています。佐賀の場合は片道50kmの往復100kmでしたが、今回は片道100kmの往復200kmと言うことですね。1日で200km走ったわけではなく、1日目に往路、2日目に遊んで、3日目に復路と言った具合です。

今回もGoogle mapのルート検索を印刷したものとGPS付き携帯を準備し、トラブル対策に交換用チューブ、タイヤレバー、ドライバー、パンク修理キットを携行して出発しました。

SNC00079SNC00078

佐賀の時と違って今回はあまり写真を撮っていません。理由としては、ずっとある程度大きな道沿いで変化が無いこと、田舎道なら田舎道で右の写真のように何も無く変化が無いこと、返りに雨が降ったことくらいが挙げられます。

最終的なデータは走行距離224km、平均22km/h、Max60km/h。往復共に走行時間は5時間10分程で休憩を含むと往路は6時間、復路は8時間という結果でした。復路だけなぜこんなに時間がかかっているのかと言うと、70km地点のコンビニで飯休憩をとっていたんですが、腹ごしらえをして、いざ行こうと自転車にまたがってみるもガタガタ。明らかに後輪の様子がおかしい。触ってみて確信…パンクでした。何しろ雨が降っていたし、パッチによる修理は状況的に不可能と判断したので、リアタイヤを外し、ホイールからタイヤを外しチューブを引き抜いてから換えのチューブと交換後、タイヤを戻し空気を入れるという作業をしました。やったことがあればなんてこと無い作業でしょうが、初めてとなるとなかなかに大変です。その辺りは携帯を駆使して調べつつ、どうしても不安なところは普段からお世話になっているサイクルショップに電話して聞き、なんとか無事に乗り切ることができましたが、結局そこで2時間ほどロスした、と言うわけです。

このようなトラブルもあり、色々と大変でしたが何より楽しかったし、自転車の仕組みについてはかなりの経験値を得ることができました。道中は「引き返したい」「止まりたい」という欲求と幾度となく戦わなくてはなりませんので、メンタル的にもかなりトレーニングになるような気がします。

その反動、と言っては何ですが(タイヤの交換も難なくできるようになったし)、もう少し運行スピードを上げたいので細いタイヤに交換しようと思っています(もう既に注文しているので思っているだけではない)。多分乗りやすいクロスバイクの印象は消えてしまうでしょうが、かなり乗り慣れてきたし、まぁ良いかなと。交換したら紹介したいと思います。

TacticsOgre購入

2010 年 11 月 18 日 12:14 コメントを投稿する 1,205 views

e8c0f9d0-6a85-4ed1-bf17-29e169dc9f59ソフトを予約購入したのは何年ぶりでしょう…と考えるくらいしばらくご無沙汰だったPSPで、期待のリメイク作品「タクティクスオウガ 運命の輪」が発売されましたので、発売日に購入してプレイしております。
現在はプレイタイムが10時間超えたところで、進行としては2章の半ばあたりです。オリジナル版もクリアしているはずなんですが、記憶が全然ありませんのでどこが変わっているのかさえもわからず、新鮮な気持ちでプレイしています。

根本は古風ですけど、そのあたりの良さを失わず、上手く新しいシステムが導入されている印象で、SFC版のドラゴンクエスト3のような「リメイクの良いお手本」と言える作品に仕上がっていますね。今のところ「こんなに難しかったかなー」ってのが一番の感想です。批判もあるでしょうが、目玉のCHARIOTシステムは私としては大歓迎。シミュレーションゲームではありがちなセーブ&リセットがこれのお陰で解消できます。多分、この実装で全体として少し難易度が上がっているんでしょうが、コアなゲーマーとしても明確に”縛る”要素が増えて良いのではないでしょうか。ユニットが3回死ねるのは緊張感を殺いでいますが、難易度とのバランスを考えてのことでしょう。この作品が若い世代にどう迎えられるのか非常に興味があります。

内容が逸れてしまいますが、少しブログのお話でも…

最近は購入報告ばかりで、記事として何の面白みもない投稿ばかりになっていますね。RDRもクリアしたのに特に書いてないし、そもそもレビュー的な記事をしばらく書いていない。まぁ私のブログだし待っている人もそんなに居ないでしょうから、書こうか書くまいがどうでもいいっちゃいいんですが、自分の為にゲームを振り返る意味でも書いておきたい。ちょっと言い訳させてもらうと今はFallout:NV、F1 2010、タクティクスオウガ、CoD:BOと面白いゲームを回しながらやっているのでそれで精一杯というところでしょうか。

個人的にはゲームのレビューやインプレッションはしっかりしたものが書けませんので全然自信がなくて、あくまで個人の感想文レベル。ブログのコンテンツとしてはデバイス周りのレビューが一番まともだと思っていますのでそのあたりは抜かりなくやりたいところ。先月からレビューする為にRazerのCarchariasを使っていますので、月末には公開する予定です。

FIFA11とFallout: New Vegasを購入

2010 年 11 月 5 日 12:30 コメントを投稿する 1,595 views

自分の為にも購入報告は書いておきます。

f9182feb-6cc0-44d7-981f-d5deb91698230e7ebabb-ad85-472a-8b06-d5fc44aa9b9f

今回FIFAは初めてPS3版を購入しました。理由は2点あります。

  • オンラインでの人口を考慮した
  • RDR並びにFONVとの並行で生き抜き的な扱いとなるのでディスク交換の手間を省く

まぁ、単純な理由ですね。FIFAの方は食中毒もあり、現在のところあまりプレイできていません。

Falloutは当然昨日購入し、予約していましたのでブックレットと初回特典付き。初回特典はトライバルパックでした。事前情報は殆ど見ていないのですが、世間的にはハズレ?な感じですかね。初回のプレイでアクティベートすることは考えてません。

2時間ほどプレイしましたので軽くインプレッションを書いておきます。

良くも悪くも変わっていないというか、色々増えたものがありますが同じ感覚でプレイできますね。今のところどの程度変わってくるのかわかりませんが色々と幅が増えたのは良いことです。

キャラ構成はFallout3に倣っています。SPECIALはIntを9に尖らせてLuckを少々。反対にStrとPerは少々マイナス。タグはSpeechとGuns、Lockpickに入れたと思います。今回から追加されたTraitsは、つけないのも面白くないのでKamikazeとTriggerDisciplineを取得しました。最後に聞かれたハードコアモード。Offが「推奨」とされていましたが、面白そうだしOnにしておきました。最初の家でボブルヘッドを見なかったのですが、今回は無いのかな。

ちょこっとクエストをやってとりあえず終了しましたが、やっぱりこの雰囲気は良いですね。ラジオを流しながらぶらぶら歩くのも一興です。ちょっと苦言を呈するならば、Fallout3を100時間プレイして予備知識のある私でも、最初のキャラ構成で悩むことがありましたので、いきなり本作をプレイして、かつ最適を好む人であれば、どうすれば良いのか悩んでしまって先へ進めない状況が目に浮かびます。そういった人の為にもう少しイントロダクションを丁寧にした方が親切だったかなと思いますね。

個人的に来週のタクティクスオウガへの期待値の方が高かったりするのですが、これもこれでやっぱり面白いです。年始にも海外作品の日本語版が多数待ち構えていますので、しっかりこなしていきたいですね。

Infected

2010 年 11 月 5 日 12:20 コメントを投稿する 1,030 views

人生初かな。食中毒というものに侵されまして、先週はかなり大変な思いをしました。

原因は某有名チェーン店の弁当に入っていた卵が最も疑わしい(というかそれしかない)のですが、これまでもたまに利用していますし、たまたまチェックから外れた卵に当たっただけのような感じがしています。医師から正式な診断も出ていますが、集団感染している訳でもなく、確定出来ないでしょうから店や保健所に何かするといったようなアクションは考えていません。(診断した医師には保健所への報告義務があるそうですね)

きついと言っても症状は発熱と下痢。幸い吐き気が無く、熱も1日で治まりました。ただし、昨日まで(実質8日間)下りっぱなしだったので大変でしたね。先週は丁度納期が重なったこともあり、休むことも出来ずに点滴を打ちながら、頻繁にトイレに駆け込みながら、リリース作業をしました。これだけがんばったのは久しぶりですね。難易度的にはたいしたこと無い作業でしたが、やっぱり健康って大切だなと思った次第です。ゲームも満足にできませんからね。

客の立場ではお店での食中毒には気をつけようがないですが、季節の変わり目で毎日気温差がありますので、皆さんも体調にはお気をつけください。