Jeroblo
RSS

はじめての100km

2010 年 10 月 22 日 19:36 コメントを投稿する 2,204 views

先日ひと月前に購入したクロスバイクの1ヶ月点検をしてもらってきました。Twitterでは結構つぶやいているものの、そういえばブログでは紹介していなかったので、今回はじめて100kmという(初心者にしては)長距離ライドもしたことですし、記事にしておきたいと思います。

まず、私が購入した自転車の紹介から。

SNC00047

クロスバイクとしてはお手頃なGIANTのEscape R3です。値段は新品で55000円程。ニューバージョンのEscape R3.1というものもありますが、色の好みでこちらにしました。

一般人であれば、自転車として55000円というのは非常に高価だと感じるでしょうが、クロスバイク全体で見ると安い方で、それでいて使われているパーツの精度の良さからコストパフォーマンスの高い製品として売れているようです。都会で30分くらい交差点を監視していれば1台は見かけるような、そんな具合です。

入門用の自転車として買う人も多いようで、この自転車を乗りつぶしてより高価な自転車に買い換えたり、この自転車をベースに改造して行くのが常例となっています。

私とて例外でなく、乗っているうちにさらに快適にする為に「ああしたい」「こうしたい」という欲求を抑えきれませんで、まずバーエンドバーをつけ、シートを換え、シートポストを交換し、今に至っています。もろもろ込みで80000円くらい使っていますかね。道具だけ~という訳でもなく、通勤で毎日10km、週に50km+は走るようにしていますので、9月頭から走った距離は900kmくらいになるでしょうか。通勤は片道5kmを15分かかります。街中しか通らないので信号が多く、バスだと30分かかっていましたので片道15分、1日30分も余裕が生まれました。それだけでなく、通勤交通費も抑えられるし、通勤・帰宅の際の発着時間に拘束されることも無くなりましたし、おまけに足も締まってきました。まさに良いことづくめです。

さて、そうやって自転車に乗っていると長い距離を走りたくなるわけです。しかし自転車だと自分自身がエンジンで、それなりに鍛えないと長距離は無理ですから、夜や休日を利用して、連続して走る距離を10km、20km、40kmと増やし、100kmに挑戦することにしました。

福岡市内某所から佐賀駅まで片道約50kmあります。往復すれば丁度100kmちょっとです。Googleのルート案内を徒歩で検索し、迷いそうなところは印刷して当日11時半に出発しました。携行品はスペアチューブ、パンク修理キット、空気入れ、工具類です。前日のシミュレーションでは、私は20kmを1時間で計算すれば楽々キープできるペースですので、片道2時間30分で計算していたんですが…。

福岡と佐賀の間に1つ大きな峠があることは前日のシミュレーションで知っていましたが、舐めすぎてましたね。まさか10km以上登りが続くとは思ってもいませんでした。冷静に車でのドライブを考えれば、そんなことは珍しくないですよね。でも自転車で峠道を走る10kmがこんなにキツイとは、改めて車の良さを感じました。

SNC00052 SNC00051 SNC00049

左の様な山の中で吉野ケ里町(佐賀県)突入。真ん中は丁度峠頂点近く。標高も結構あり、後ろに見えてる道でさえも結構登った後なのですが、それでもまだ登り続き。正直途中で何度も帰ろうかと思いました。右のような景色も全然珍しくない山道ばかリです。

SNC00055 SNC00056

結局、行きは3時間30分と1時間も遅れることに。原因はもちろん峠。折り返しとして予定していた時刻を余裕で越えていましたので、せっかく着いたのにうどんだけ食ってインナーを着替え折り返し。慣れたのか帰りは2時間20分で帰れました。合計5時間50分。佐賀駅の写真の中に「博多まで32分900円」とあるのが何とも皮肉。電車のほぼ10倍の時間がかかって、飲料や栄養補助食品代を併せて1000円くらいと金額も変わらず。それでも楽しかったんですが、もう少し朝早く出れば良かったと後悔しております。ちなみに左は有名な吉野ヶ里遺跡前です。

正直峠以外は思ったよりきつく無かったという印象でしたが、帰ってきてみると体重が朝から2kg程落ちていましたので、エネルギーは相当消耗したようです。今回、初めての100kmとしてはコースの選定が良くありませんでした。次回は2日くらい使って丁度100km程離れている熊本までを往復したいと思います。

SNC00046 今回1番失敗したのが右。ハンガーノック対策にブドウ糖が気軽に補給できるのはとても良いのですが、いかんせん飴は喉が乾きます。そのまま舐めると味も濃いし、呼吸の邪魔だしで良いことは全くありませんでした。

「運動中、いつでも気軽にブドウ糖チャージ」とう謳い文句に釣られたましたが、正直自転車以外の他の運動でも飴を舐める余裕はありませんよね。結局私はミネラルウォーターが入ったペットボトルに放り込んで溶かして飲んでいました。これでも効果があるのかは定かではありません。

と、自転車を買ってからというもの結構楽しんでます。非常に有用な足になるし、排気ガスもない。良い汗をかけるしでIT関係の仕事をしている人の中で自転車が趣味の人がそれなりにいるということも納得です。どうしても運動不足になりがちですからね。朝から目が覚めた状態で仕事に臨めるようになりましたし、意外と安い買い物だったかもしれません。ゲーマーの皆さんにも息抜きとしてオススメですよ。

関連する記事