Jeroblo
RSS

StarCraft2すごいなぁと

2010 年 8 月 16 日 20:00 コメントを投稿する 5,960 views

個人的な話です。PCゲーマーを自負するのであればRTSというジャンル、特にこのStarCraft2は購入しておくべきだと考えます。最近はコンシューマでもRTSの作品がポツポツ発売されていますが、やっぱりマウスとキーボードをフルに使う圧倒的な操作量と、一瞬の判断が鍵となるスピーディーな展開はPCゲームならではですね。RTS程PCゲームとしてふさわしいジャンルはありません。

Age of Empire3より、種族もユニットも圧倒的に少なく、よりスポーツに近いStarCraft2。早ければものの数分で決着します。Terran、Protoss、Zergという3種族は実績的にもデータ的にも絶妙なバランスで調整されているのが素晴らしいですね。

かくいう私も購入初日からキャンペーンそっちのけでマルチ対戦をしています。プレイ経験としてはRTS入門にAge of Mythology、次にAge of Empire3、Company of HeroesそしてStarCraft2です。今までマルチ重視でやってこなかった為、そこそこしか対戦せず、楽しみを味合わないまま放置していたのですが、今回はハナッからボコボコにされるつもりでマルチをやっています。やっぱRTSは対戦ありきですからね。どうやら頭の硬い人ほど強くなれないようですが。

ざっとこれまで何をしてきたか振り返ってみます。第1印象で使用種族はZergを選択。いきなりマルチに行くというのも失礼なので、まずはNormalAIに勝てるようにZergで練習しました。10戦程やりましたかね。Zergの場合ちょっと特殊でしたが、これまでのRTSプレイ経験もありますし、ある程度ユニットと建物を把握したら勝てるようになってきたのでマルチプレイにGo。マルチプレイ初回に50回だけ用意されているプラクティスリーグは当然Skipし、プレイスメントの5試合は2勝3負。結果ブロンズリーグに飛ばされ、20試合程こなしました。途中でシルバーリーグに昇格するも、今の私の操作量でZergは限界の兆し。使用種族をProtossに変更し、累計40戦ほど戦ってようやくシルバーリーグの頂きが見えてきたところです。目標としてはゴールドリーグ以上でやりくりしたいと思っているのでもう少しといった感じですね。Signatureを貼っておきましょう。

見て分かる通り平均以下の強さ。マルチプレイのマッチングシステムは非常によく出来ていて、勝率がほぼ50%になるように相手が調整されます。多分、勝ち続ければその分強い相手と当たるようになり、上位リーグの相手を倒せば昇格するようなそんなシステムなのだと思います。まだ私はプラチナやゴールドとあたることがあまり無いのでもう「少しシルバーで勝てるようになってね」的な意味なのでしょう。

Signatureを見て分かるようにChara名「alam」、Charaコード「787」でフレンド登録が出来ます。私のリアルフレンドは専らAoE3をやっていますのでSC2仲間はなかなか居ないワケです。ダイヤモンドリーグやプラチナリーグの方の相手が出来るとは到底思えませんが、フレンド登録して頂いて、チャットなりでご自身のCharaコードを教えて頂ければすぐに登録します。現在は1on1だけプレイしていますが、後々は2on2、3on3などもやってみたいですからね。

関連する記事