Jeroblo
RSS

Razer純正の別売りソールを試す

2009 年 12 月 14 日 12:30 コメントを投稿する 6,486 views

Razerから発売された初の交換用ソール「Gaming-Grade Teflon Mouse Feet」。先日の送料無料キャンペーン中に注文しておいたものをこの週末にやっと受け取ることができましたので早速試してみました。

20091212059 20091212063

パッケージは至ってシンプル。名刺程の大きさです。右は交換前まで使用していたHyperglide-RZ2。写真ではちょっとわかり辛いですが、Sphexでの使用が主だったので結構削れています。

20091212061 20091212060

よくよく見てみましたが、残念ながら材質的には純正ソールと同じように思えます(テフロンリングについては全く同じものです)。ただし、リング以外のソールについては純正品より大きく、高さも若干増し、きっちり埋まる形状をしています。(写真左の上部が純正ソール、下部が交換用のソールです)

20091212064 20091212066

交換するとこのようにきっちり貼り付ける事ができます。テフロンリングについては同じものと判断したので交換していません。

image さて、使用感を軽く書いておきます。マウスパッドはMegasomaです。
単純に言いますと、感覚的には初動が重くなりました。考えてみれば当然のことで左図のようにHyperglideは丸みを帯びているのでパッドに対しての当たりが優しくなり滑らかな感覚になります。対照的にTefron Mouse Feetはソールの形が結構きっちりしていますので、角が立ち、抵抗が増すようです。それから、こういう角張ったソールだと、マウスパッドが柔らかければ柔らかい程接地面に対して不安定になるのではないかと思われます(ソールとパッドが接する箇所は必要最低限で面積が広い方が安定するだろうから)。となると、センサーが非常に繊細なMambaやLachesisは、このソールを履くことでさらにカーソルが暴れるようになってしまうかもしれません(特に布パッドだと顕著に出るかも)。一応Megasomaではそういったことは確認できず、安定して使用出来ています。しばらく使ってみて裏面の削れ具合でどこが当たっているのか確認してみましたが、やはり接地は角に集中していて、滑らかなマウスムーブまでにはしばらくのエージング(笑)が必要かもしれません。

個人的な結論としては、積極的に買い換えるようなものではなく、あくまでテフロンリングのスペア、ソールのスペア的な役割です。ソールの形状がぴったりしている点は良いのですが、既に性能的には優秀なHyperglideがありますので、入手性の面でもそちらを推したいと思います。

関連する記事