Jeroblo
RSS

Razer Imperator

2009 年 11 月 25 日 1:41 コメントを投稿する 2,124 views

Razerから新マウス「Imperator」が発表されました。既にRazerショップの方では「In Stock」との表示ですので購入することが出来るようです。

image image image

とり急ぎ特徴だけ眺めておきましょう。

  • Ergonomic right-handed design
  • Adjustable side buttons for optimum reach.
  • 5600dpi Precision™ 3.5G Laser sensor
  • Razer Synapse™ On-board Memory
  • Up to 200 inches per second/ 50g acceleration
  • Seven independently programmable Hyperesponse™ buttons
  • 1000Hz Ultrapolling™ / 1ms response rate
  • On-The-Fly Sensitivity™ adjustment
  • Zero-acoustic Ultraslick™ Teflon® feet

これを見て特筆すべきはDeathAdder等と同じく右手専用であること。サイドボタンを動かして位置を調整できること。そして悪名高い3.5Gレーザーセンサー(Lachesis、Mambaと同様)であることが挙げられます。

このセンサーですと裏面の実装が非常に気になるところですが、あえてこのセンサーを搭載してくるのですから、少しはセンサーが繊細すぎることに対しての改善が見られるのかと期待してしまいます。なお、FAQに何故かAbyssusと同じ文言が書いてありますが、直線補正は無いようです。

形状から察するにターゲットはLogitechが現在主流としている形状(G5やMX518ユーザー等)が考えられます。Razer好きだけれどMX518系の形状が気に入っていた方には朗報でしょう。ギャラリーを見た感じですと、サイドは何の加工も無くDeathAdderと同じ様なツルテカ加工な気がします。その部分の質感は非常に重要ですから気になりますね。

サイドボタンについて「動かして調整できる」というのは非常に大きなメリットですが、そのせいでボタンのクリック感や安定度が犠牲になっていないか心配です。

最初にも書きましたが、既にRazerショップでは購入できるようで、値段は$79.99となっています。私個人としては、以前MX510を使っていたこともありますし、非常に気になるマウスですが、既にMambaがいますし今回はパスですかね。

関連する記事