Jeroblo
RSS

Pocket Wifiでemobile回線契約

2009 年 11 月 20 日 12:12 4 コメント 61,476 views

image 常々、普及しつつあるイーモバイルの回線を1つ契約しようと思っていた中で、今回「Pocket Wifi(D25HW)」という製品が販売されたのでほぼ勢いで購入しました。これで晴れて(?)emobileの回線を手に入れたことになります。

写真をとる時間が無かったのでテキストだけで軽く紹介しておくと、従来のこの手の製品に比べて軽く、バッテリー内蔵型で結構な時間駆動するというのがPocket Wifiの強みです。

今までは携帯電話N82のアプリケーション「Joiku」というものを使用してN82をWifiAP化し、踏み台にしていましたが、それだとアプリを起動するのが結構面倒であるのと同時に、バッテリーが1時間ちょいしか持ちませんでした。それにソフトバンク回線でのPC用のパケット定額は6000円程かかります。回線品質的にはDL500Kbps、UL300Kbps出れば良い方でした。

Pocket Wifiはというと、起動に特に操作はいりません(無線LAN自動切断Onにしているとボタンを1回押す必要がある)。連続通信してても4時間持ちますし、回線速度は建物内で(実測)DL2Mbps,UL1Mbps程出ていました。そして、回線費用は月額4980円です。

こうやって比較してみると携帯の方のパケット定額を外してこちらを購入した方が便利だし安上がりなのは明らかです。ついでにあんまり使っていなかったipod touchもごにょごにょしてかなり使える端末に生まれ変わらせたんですが、おかげでN82というスマートフォンが電話とメールを受けるだけの端末に成り下がってしまいました。これなら電話は何でも良い気がします…。(一応N82にもWifiは付いているのでそこから使えるけれども、特に通信する必要がない)

18日発売でしたので、昨日一昨日と色々とテストをしてみています。無線LANモジュールが一番電気を食っているようで、それを自動切断(デフォルトは10分無通信で切断)にするかしないかで電池の持ちが大幅に変わってきます。先述の通り、連続通信では4時間稼動しますので、最低でも4時間は持つのですが、自分でテストしたところによると無線LAN自動切断Offでも10時間は待ち受けられることを確認しました。(朝10時に起動させちょうど夜8時にLowBattery表示を確認。実際に通信したのは数回程度)

それで今日、自動切断Onだとどのくらい持つのか検証中です。これだと使用時に1回ボタンを押して無線LANモジュールを起こしてやる必要があるのですが、こういう使い方をすれば今の間隔ですとゆうに1日は持ちそうです。どっちの運用にするかはしばらく使ってみてから決めたいと思います。

とにかく、Pocket Wifiのお陰で非常に便利になりました。全国的に結構売れているようでオンラインショップでは既に初回分は売り切れ、店頭でも各所でなくなりつつあるということです。本体価格は2年契約で5980円です。

関連する記事