Jeroblo
RSS

AIMとマウスの関係

2009 年 6 月 8 日 11:31 コメントを投稿する 1,889 views

この記事はレビューではありません。雑感というか、ふと思いついたことを書きなぐっておきます。

そもそも私はFPSが決して上手ではなく、ごく平凡的な能力だと思っています。サッカーにおいて、良い選手=良い監督でないのと同じように、強いFPSプレイヤー=良いマウスレビュアーでもないとは思いますが、それでもこのような私のレビューを参考にしていただけるのは本当にありがたいことです。

週末はFPSに力を入れてやったせいか、このMamba+Sphexという組み合わせに大分慣れてきました。未だにやはり滑りすぎる印象は否めませんが、Sphexは結構ピタッと止まってくれる(と思っている)ので不自由は余りありません。印象としては初動が軽いマウスパッドと言った程度でしょうか。現在Sphexの方は売り切れているようですが、中々良いマウスパッドだと思います。もし自分に合わなくても簡単にあきらめのつく値段ですので、ここでお薦めしておきたいと思います。

一度Mambaのバッテリーを外してワイヤードで使ってみましたが、今度は軽すぎてこれだと逆に止めることが難しくなります。私にはバッテリー搭載時のMambaの重量とSphexの表面の摩擦係数が合っているようです。ワイヤレスで使っていると、未だにごく稀にですがAIMが追従しないこないことがあります。これは微調整のときに感じるのではなく、マウスを大きく動かしているときに発生し、尚且つ全く反応が無いのではなく、やや遅れる感覚です。正確に検証したものでもないのではっきりとは言えませんが、ごく稀にそういう感覚を覚えますので少なからず何らかの原因・挙動があると思います。

MambaにおいてもSphexにおいても、ここのところの慣れで印象も結構明確なものになりつつありますし、正確な評価をしたいと思っています。当たり前のことになってしまいますが、結局のところこのようなヒューマンインターフェースは人間の慣れに依存する部分が大きいので、ある程度"常用"した上でないと比較できるはずがありません。「じゃあそのまま使い続ければ良いじゃない」と思うかもしれませんが、そこはやはり人間であり、未知への好奇心を抑えることはできません。確かに自分の中でDeathAdder+HyperGlide+QcKは1つの解でしたが、その組み合わせと1年以上に渡って蓄積してきた"慣れ"を崩してまで飛びついたのは、人間の性と言うべきでしょうか。

結局、何が言いたいかというと、もう少し慣れてみようということです。正確に比較する上では慣れの部分を引いて考えなければなりません。何かの指標があれば表現しやすいと思うのですが、最低10時間はFPSをプレイしてみないと本質は見えてこないと思うようになりました。AIMとは、"自分の操作をPCに正確に伝えられること"を10とすると、「慣れ:(形状・性能も含めて):マウスパッド」が「6:2:2」くらいで構成されると思います。この4割の部分を出来るだけ十分に発揮させようと日々マウスを追っかけているわけですね。私はこの辺に人間臭さを感じてやめられません。皆さんはどうでしょうか?

関連する記事