Jeroblo
RSS

Salmosaの異音を直す

2009 年 3 月 31 日 0:31 2 コメント 5,384 views

Razerから販売された小型軽量ゲーミングマウス「Salmosa」の使用感レビューでも書いていますが、このマウス、クリック時に「キュコキュコ」という異音が発生するという問題があります。はじめは私もノートPC用に使用していたんですが、その音が結構気になりDiamondBackに戻していました。しかし、少々暇が出来たので、そのまま眠らせておくにはもったいないということで異音の解決を目指して分解してみることにしました。

道具としてデザインナイフ、ピンセット、プラスドライバー、マイナスドライバー、棒ヤスリを用意しました。

まず、デザインナイフとピンセットを使って一番下のソールを剥がし、ネジをはずして中を空けます。中を明けて覗いてみるとどうやら下記写真の突起が擦れて音が鳴っているようです。

クリックボタンと本体部を分割します。結構きつくはまっていますが、マイナスドライバーを使って爪を巧くはずしていけば問題なく外れると思います。

右の赤丸は突起と擦れている部分の写真ですが、やはり削れていますね。削れるということは使用していればそのうち鳴らなくなりそうですが、この際削っておきます。

削る前と削った後の比較です。ちょっと削ればことは足りるんでしょうが、面倒なので全て削ってしまいました。もともとクリックぶれの防止のためについているのだと思いますが、削っても押し込みで左右にぶれることなどありません。ただし、普通にクリックボタンに横に力を加えると多少横にも動くようになりました。外してみると分かるのですが、クリックボタンにつながっているプラスチックは結構柔軟性がありましたので特に問題はないかと思います。

後は組み立てて完成。クリックを押してみても異音は発生しません。これでSalmosaの最大の弱点が解消されました。音に悩んでる方は是非試してみてください。

関連する記事