Jeroblo
RSS

salmosa使用感メモ

2008 年 12 月 16 日 13:33 コメントを投稿する 2,255 views

Razerの新マウス「Salmosa」を16時間以上は使用しましたので軽く使用感をメモしておきます。
なお使用環境は、Razer公式ドライバ、1800dpi、1000Hzです。

まず、重量がゲーミングマウスとしてはかなり軽い部類に入る。表面の質感はDAと全く同じ。クリックボタンは押しやすいのだが、初動がやや重い。そして左クリックだけ「キュコキュコ」と音が鳴るときがある。
持ち難いという事は全くないが、長時間使用していると薬指に負担がかかりやすい(これは持ち方によると思う)。
ホイールの出来は、現状のRazerマウスで1番バランスが良い印象。重すぎず、軽すぎず、メリハリもはっきりとしており、径も小さいので扱いやすい。

トラッキングについては、通常使用範囲では全く問題ない。軽くネガティブアクセルがどの程度かテストしてみたが、自分の精一杯の速度にはしっかりと追従してきた。それから、ペイントで線を引いて確認してみたが、結構な直線補正がかかる。

総評としては、「キュコキュコ」という音さえ無ければかなり印象が良かった。この異音が仕様なのか欠陥なのか、まだ定かではないが、内部構造の緩みに起因しているような気がするので、改造によって消せるかもしれない。
お薦めできる人と、お薦めできない人をまとめておこうと思う。

お薦めできる人

  • サイドボタンは別にいらない
  • 使いやすいホイールが良い
  • マウスは軽いほうが良い
  • 加速に強いマウスが良い

お薦めできない人

  • サイドボタンが無いと駄目
  • Razer特有のクリック感は駄目
  • かぶせ持ちしか出来ない
  • ホイールは固くないと駄目
  • 手に汗をかきやすい

手が大きい私はつまみ持ちしか出来ないが、手が小さい人はもっとフィットする感覚を得られると思う。形状的には日本人(アジア)にあっている気がする。

関連する記事