Jeroblo
RSS

L4DDemoインプレ

2008 年 11 月 7 日 12:07 1 コメント 2,729 views

7日0時にリリースされたLeft 4 DeadのDemoを早速やってみました。シングルモード、難易度NormalとExpertです。スクリーンショットを撮り忘れたので文字だけでの軽いインプレになりますがご容赦ください。

1時間程しかプレイしていないのであまり詳細なレポートは書けないのですが、Demo版ではマンションの屋上から地下鉄を抜けるというセクターをプレイすることができました。長さにして30分程度とちょっと短め。使用できる武器はピストル、SMG、ショットガン、スナイパーライフル、アサルトライフルと一通りありました。

一番の印象は、感染者のスピードが相当速いことでしょう。どうしてもBIOHAZARDのゾンビを想像してしまっていたのですが、あのゾンビとは全く違い、相当なスピードでこちらに向かってきます。これに関してはSourceエンジンでは珍しくスポーツ系な流れなんじゃないでしょうか。また、その感染者達の量が半端じゃないくらい出てきます。これには驚きました。襲われる恐怖を感じることができる演出だと思います。まぁしかし、その感染者達の耐久力は微々たるものでハンドガン数発で倒すことができるので、群れてこない限り脅威を感じることはありません。

Boomerなど固有の的もそれなりに存在感を出していましたが、大抵の場合味方が自分が補足する前に倒してしまっていたのでそこはちょっと残念。しかしBoomerにゲロかけられると鬱になりますね。

エイムに関してはHL2よりCS:Sに似た感じを受けました。SMGもアサルトライフルもピストルも走りながらでも結構まっすぐ飛んでいたような気がします。

一つ残念なのが、マッチングに関して。これはコンシューマを意識したのか今までにないロビー形式になっており、一応自分のサーバにデディケイティッドサーバをインストールしましが、7日深夜1時時点では起動しなかったので修正待ちです。つい先ほどアップデートして起動確認までとりましたが、CS:Sサーバのような使い方は難しいかもしれません。ある程度の制限がかけられれば良いのですが、コンフィグファイルもCS:Sから結構違っているようで情報が出るまで修正が面倒なので放置ですかね。

とにかく、ちょっとプレイしただけなので雑なレポートになってしまいましたが、身内でワイワイやれれば相当楽しめそうな印象を受けました。しかし、普段CSやCS:Sでゴリゴリやっているような人からすると、あくまで休憩にたしなむ程度で、メインとしてL4Dを据えるということは難しそうです。とはいえ、まだDemoがリリースされただけですので、製品版を期待しつつ、Demoをちょこちょこプレイして待ちたいと思います。

関連する記事