Jeroblo
RSS

これはいい小説

2008 年 11 月 7 日 14:27 コメントを投稿する 1,414 views

購入していた貴志祐介の新作「新世界より」を先日からやっと読み始めました。上下巻あわせて1000ページ、厚みにすると10cmを越す大作になっていまので、読み始めるにはそれなりの決意が必要でした。

はっきり言って相当面白いです。なぜもっと早く読まなかったのか悔やまれます。内容はSF。しかし圧倒的な世界観、世界設定を持っていて不自然な設定は全くありません。私は現在上巻を読破し、下巻の1/5ほど読み進めたところですが、先が気になって仕方ありません。このボリュームにしてかなりスピーディーな展開をしていきますので、1回読み始めると切り時がなかなか決められず、睡眠時間が激減してしまいます。(実際私は寝る前は大抵ゲームをしていますので、その後から読み始めると普通に睡眠時間が4時間を切ってしまう…)

残り後500ページ程ありますが、多分この週末に読みきってしまうでしょう。それくらい読みたくてうずうずしています。読み終わったら軽い感想など残しておきたいと思います。

関連する記事