Jeroblo
RSS

FIFA09インプレ

2008 年 10 月 15 日 14:25 コメントを投稿する 1,905 views

まだ20試合程度しかプレイしていませんが、やっと一番高いレベルのワールドクラスとまともに試合ができるようになりましたのでこの辺でインプレを書いておきましょう。

私はずっとウイニングイレブンシリーズをやってきたので今作が初めてのFIFAシリーズとなりますので、その辺を踏まえつつ読んでいただけると幸いです。

グラフィック

なぜかPC版のFIFA09はコンシューマ版のFIFA09に比べ1世代前のエンジンを使用しているようです。上限性能的に考えるとPC版が一番綺麗なつくりにできるはずですが、優先順位としてはコンシューマが先ということで納得するしかありません。とはいいつつもこのグラフィックでも十分綺麗です。設定はHigh、解像度は現在1920×1080でプレイしています。FIFAシリーズではおなじみ?の設定を行わないと画面がガクガクしますが、それをやってしまえば結構スムーズに動いてくれています。ロングパス後に若干フレーム落ちが目立つくらいです。

操作性

操作系はほぼWEと同じ仕様にできます。素直にコントローラを認識してくれないのはマイナスです。これもFIFAシリーズではおなじみ?の設定を行うと認識してくれるようになります。ただ、現状は2ndプレス(WEで言うディフェンス時の□ボタン)を割り当てる方法がないようなので、それもマイナス面です。
CPU戦ではWEのようにスペースが空きません。ですから適当にサイドに流してクロスといった簡単なチャンスメイクが不可能です。中央からスルーパスを狙うにしてもしっかりとDFを引きつけてFWのマークを外さないとまず通りません。またトラップが大きく無防備なので、ボールとのファーストコンタクトをうまく安全地域に運んでコントロールしないと、すぐ取られてしまいます。フリーキックはかなり入りやすいです。
ディフェンスではWEの印象だと、スライディングの方が確実にマイボールにできるんですが、FIFAはショルダーチャージがマイボールにしやすく、スライディングはランダムになりやすいです。

ゲームモード

やはりLiveSeasonモードは良いですね。選手の情報が即座に反映されるというのはかなりのメリットだと思います。またFIFAのライセンスを持っているというのも強みです。選手のパラメータはWEに比べれば10分の1くらいでしょうが、個人的にはこれくらいで良い気がします。調子やスタミナにかなり影響されるというのも現実的で良い印象です。
Be A Proモードの出来は素晴らしいです。好きな選手としてシーズンをプレイできるBe A Pro:Seasonモードもありますので私もMichael Owenになりきってシーズンをプレイしてみたいと思います。こちらのモードで一通りのポジションはやりましたが個人的に一番楽しかったポジションはサイドバックでした。

オンライン

現在は3試合行って、1勝1敗1分という成績です。3試合ともヨーロッパのプレイヤーとの対戦でしたが、PES2008ほど致命的ではないにしろラグが全くないわけではありません。数百ms程度のズレがあるように思います。国内でやるとまだマシになると思います。また解像度設定を落とすとかなり改善するという報告もみますのでそれも試してみたいところです。

最後に

約5000円という価格からして大満足のソフトになりました。スカパーでのサッカー観戦を盛り上げる意味でもかなり有用なソフトになると思います。WEほどゲーム的な仕上がり、バランスにはなっていませんが、実際のサッカーを再現するという意味で比較すると、より再現できているのは、私はFIFAだと思います。
なお、本文中におなじみの方法と書いている作業はWiki(当サイトのブックマークページから行けます)の方にまとめております。

関連する記事