Jeroblo
RSS

カルンドゥームのボスまとめ

2007 年 9 月 10 日 17:05 コメントを投稿する 2,169 views

カルンドゥームに存在するボスについて、詳細な攻略情報があまり出ていないので、自分の為にも一旦整理しておきます。以下ネタバレを含みます。気になる人のみご覧下さい。

ウルロ

  • データ
    LvXX EM オーク
  • 特徴
    特にありません。脇に2体のノーマルMobを抱えてます。
  • 特記事項
    特にありません。苦戦する事は無いでしょう。連携が出たら黄色を主体で入れると楽です。
  • キーアイテムドロップ
    通行許可証(Cpt、Hntクラスアイテム)

バラシャル

  • データ
    LvXX NE トロル
  • 特徴
    トロル系のボスになります。EMのMob1体と同時に戦闘開始です。範囲攻撃が結構強力で士気も高めです。
  • 特記事項
    恐怖が5入りますのでトークンを使用しましょう。2対を相手にする事になりますが、ふっとばされないようにMT、MAは背面に注意します。また、その他のメンバーは範囲攻撃対策としてMobの背面からの攻撃が良いでしょう。
    雑魚から処理をします。敵が2体居るうちは回復連携、バラシャルだけになったら黄色を主とした攻撃連携を入れると楽です。また、開幕時に持続回復のある連携を決めると安定して倒せると思います。
  • キーアイテムドロップ
    華美な格子の鍵
    クリムゾン・ゴルトログの角(Grdクラスアイテム)

ヘルシュガム

  • データ
    Lv52 NE 不明
  • 特徴
    有名な通称「タコ」です。毒沼で戦う事になります。(もちろん毒沼に触れると即死です)。特殊な順序を経て本体を攻撃できるようになります。コツを掴めばそんなに難しくはありません。
  • 特記事項
    非常に面白いボスです。以下の流れに従って本体へ攻撃します。

    1. 触手が沸く
    2. 全触手を駆除
    3. 柱が倒れ本体への道ができる
    4. 柱の上を移動して本体を攻撃
    5. 柱に触手が巻きつく
    6. 本体部分から撤退&柱が無くなる
    7. 建っている柱に移動
    8. 触手が沸く -> 1へ

    以上を火力があれば2回(もしかしたら1回で可能かも)、通常は3回行います。5の柱が触手に巻きつくタイミングは経過時間の様です。
    2の時がヒーラーは1番忙しくなります。特に触手が全て沸いた開幕時、FSメンバーほぼ全員が同時にダメージを受けていきますので、上手くヒールワークを組み立ててください。触手の開幕時に回復連携を入れると安定して触手が駆除できます。
    4で柱の上を移動する時の注意点ですが、柱の横からジャンプして柱に乗るのは大変危険です。柱の根元部からジャンプを使用せずに乗るようにしましょう。なお、全てを通して、ボスに足を止められる場合があります。Mnsが止められた場合はヒールの有効範囲を意識してください。
    6では柱の陸側の方に触手が巻きつき、数秒後(大体5秒前後)に柱がなくなります。もちろん逃げ遅れて落ちると即死です。触手の巻きつきが始まったらすぐに陸地へ撤退しましょう。
    毒沼に落ちて即死した場合、Rezできる場合と出来ない場合があります。しかし体感的に80~90%は視界や距離の関係から蘇生不可能ですので、沼に落ちて死ぬ事だけは避けましょう。

  • キーアイテムドロップ
    悪臭を放つヘルクガムの粘液(Cpt、Hnt、Lrmクラスアイテム)

サルバッカ

  • データ
    Lv52 EM 人間
  • 特徴
    何度か雑魚が沸きます。また蜘蛛を召喚するので雑魚の数が多くなる事があります。
  • 特記事項
    特にありません。苦労することは無いと思います。
  • キーアイテムドロップ
    なし

アズゴス

  • データ
    LvXX NE モロバル
  • 特徴
    周りにかなりの数のモロバルがいます。ボスエリアの手前まで撤退するとリセットする事が出来ます。
  • 特記事項
    かなり強力なボスになります。ボスエリアに入ったらボスがLinkしないギリギリのところまで、天井に貼り付いているモロバルを駆除しましょう。モロバルには強力な範囲スタンがありますので、Mnsは距離を保ちます。Mnsがターゲットされた場合は即座に剥がしてもらい、距離をとってください。モロバルが多数居るうちは回復連携を使い、確実に決めていきましょう。なお、CCを上手く使って敵の数を減らしてください。
  • キーアイテムドロップ
    獰猛なアズゴスのタロン(Burクラスアイテム)

タルラグ

  • データ
    LvXX NE トロル
  • 特徴
    4箇所の雑魚を掃除すると、中央から出てきます。
  • 特記事項
    単体相手ですので特に苦戦する事は無いでしょう。
  • キーアイテムドロップ
    灰のゴルトログの角(Mnsクラスアイテム)

モルモズ

  • データ
    LvXX NE モロバル
  • 特徴
    範囲スタンの強力なモロバル、スキルを封じてくるこうもりを多数相手にします。ヘイトコントロールが重要です。
  • 特記事項
    かなり強力な相手です。基本的にはアズゴスと戦い方は変わりません。回復連携を入れつつ、Mnsは剥がしてもらって距離をとることを心がけてください。
  • キーアイテムドロップ
    翼を持つ者の支配のルーン文字(Mnsクラスアイテム)

ロダカーンとミュラ

  • データ
    LvXX NE 人間
  • 特徴
    周りに多数の雑魚がいますので、全てを掃除してから中央のボス戦になります。ボス単体の特徴としては特にありません。
  • 特記事項
    雑魚を全て掃除できれば、ボスとしては弱いレベルです。2人とボスとの連戦になりますが、苦労はありません。
  • キーアイテムドロップ
    なし

グルサル

  • データ
    LvXX NE 不明
  • 特徴
    6つの部屋でFSメンバーがソロで敵を相手にしなければなりません。仲間を信じて頑張りましょう。
  • 特記事項
    グルサルと戦う前に、6つの部屋にそれぞれのメンバーが入室すると、扉が閉まってその部屋に沸く雑魚との連戦になります。雑魚の頭数やレベルは固定では無いようです。特に心配なクラスはLrm、Cpt。ソロに自身が無いクラスはしっかり事前準備をして突入しましょう。6人全員が、部屋を掃除すると扉が開き、ボスとの戦闘になります。ボス自体は強くありません。
  • キーアイテムドロップ
    なし

モルディリス

  • データ
    LvXX ANE 不明
  • 特徴
    いよいよ8-5の対象ボスです。ふっとばしからの溶岩即死、NPCの護衛と様々な要素が絡む中での戦闘になります。
  • 特記事項
    注意点は3つあります。

    1. 護衛NPC「ゴロティア」の士気
      「ゴロティア」はかなり突っ込み気味ですので、Mnsはほぼ「ゴロティア」の回復専用となります。
    2. ふっとばし後の溶岩即死
      モルディリスにふっとばされて溶岩に落ちると即死してしまうようです。
    3. 自分の士気の早めの回復
      Mnsが「ゴロティア」に引っ張られますので、各自回復手段(Pot使用やスキル使用など)は早めに使い、Mnsの負担を減らす努力をしてください。

    白い影のような雑魚が多数、数回に渡って沸きモルディリスが退避します。
    沸く雑魚に関しては以下のとおりです。


    • 初回に沸きます。特に強い事はありません。
    • 兵士
      初回に限らず、何度か襲ってきます。数は多いですが単体は弱いので特に注意する事もありません。
    • 木トロル
      1回しか沸きませんが、1番の難所になります。ここを超えれば後は楽になります。範囲攻撃を持っていますので、「ゴロティア」から少しでも話すように心がけましょう。木のトロルが沸いたら、Burが連携を発動し、回復連携を入れるとより楽になると思います。
    • 巨人
      2匹だけですが、ふっとばしに注意しましょう。

    雑魚を退けると、後はモルディリス単体との勝負になります。ここから恐怖が-9となり、希望の値を+5することが必須になります(基本は+5トークン使用)。恐怖と「ゴロティア」の士気にさえ注意すれば、特に強い事はありません。黄色主体の攻撃連携で片付けてしまいましょう。
    モルディリス戦は難しいと言われていますが、後衛の安定と前衛陣の早期回復意識、連携での効率的な回復ができれば、そこまで難易度は高くありません。

  • キーアイテムドロップ
    なし

関連する記事

未分類