Jeroblo
RSS

更新終了のおしらせ

2017 年 11 月 15 日 17:58 コメントを投稿する 805 views

開設より10年経ちました。私も良いおっさんになってしまいました。
当ブログは、これ以降更新しないことをここでお知らせ致します。
長年お付き合い頂き誠にありがとうございました。

まだまだ記事参照は多いのでしばらくは残しておくつもりです。

それでは。

ハネムーンでボラボラ島に行ってきた

2016 年 11 月 1 日 20:00 コメントを投稿する 1,884 views

ご無沙汰しています。

結婚式・披露宴も無事終わり、ハネムーンへ行ってきました。場所はタヒチ(’フランス領ポリネシア)のボラボラ島。ハネムーナーには人気のスポットです。

c7a3f138-f2a2-4f08-b4d8-036eb4e29878

この写真、ただ船の上から取っただけで無加工です。すごいですよね。これが現地では普通の風景でした。

ビーチリゾートっていうと、ハワイ、バリ島、モルディブなどが上がりますが、ボラボラ島に行くならそれらよりもう少しお金がかかります。私たちはボラボラ島に5泊、タヒチ島に1泊、帰りの機内で1泊の7泊8日(うちボラボラ島5泊)のプランにしました。

それぞれで滞在したホテルは以下です。
ボラボラ島→インターコンチネンタルタラソスパボラボラ(ダイヤモンド水上ヴィラ)
タヒチ島→インターコンチネンタルタヒチ(パノラミックビュールーム)

予約したのは一年ほど前。嫁さんがボラボラ島に行きたいということで、ハネムーンの予算として~70万円くらいで考えていたんですが、甘かったですね。ちょうど予算額が一人分くらいで、ちょうどその倍額くらいかかってます。

ボラボラ島の泊数を短くし、ホテルもカジュアルなところを選べば一人当たり40万円くらいからでも行けるとは思いますが、可能な限りボラボラ島に居た方が楽しいですよ。

img_0755 img_1073

部屋のベランダから外を撮影した写真です。太陽の角度によって海の色が全く変わるんですね。

アクティビティは結構やりました。モツ(無人島)ピクニック、フォトクルージング、体験ダイビングなど。綺麗な海を満喫できました。全てとても楽しかったのですが、フォトクルージングにてフランス人のプロカメラマンに写真を撮ってもらいながら、ボラボラ島の歴史について少し学べたのは大変有意義でした。

 

アクションカメラも持って行ったので水中の写真も。

ご飯についてはあまり良い評判がなかったので心配していましたが、おいしく食べられるレベルでした。ホテルの中はリゾートなので物価は日本より高いです。食事は朝・昼が1人1万円前後、夜は2万円前後かかってましたかね。値段を含めて考えるとマイナスな印象になってしまうのは仕方無いですね。

1日だけ本島に出て「ル・セント・ジェームス」という有名なフレンチレストランでディナーを頂きましたが、こちらは美味しかったです。シャンパンやワインを飲んでも1人1万円前後と非常にリーズナブルでした。

タヒチ島には1日いましたが、地元のショッピングモールでお土産を調達して屋台に行って終わりです。都会ではなく、リゾート感もほとんど無いのでタヒチ島だけの滞在はおすすめしません。

ボラボラ島はお金をかけて行く価値が十分すぎるほどありました。日本人の旅行者はほぼ全員がハネムーナーでしたが、是非また行ってみたいですね。

9周年

2016 年 7 月 11 日 20:00 コメントを投稿する 1,877 views

今年もドメイン更新しまして、開設から9年が経ちました。

この1年間は私の人生の中でも動きのある1年となりました。
プロポーズしたのが2015年6月、入籍したのが今年の3月。挙式が今年の9月に控えています。2か月前ということで式の準備が忙しくなってきたところです。

新婚旅行はタヒチにしました。地上で最も美しい島とされるボラボラ島で百数十万円かけてボーっとしてきます。

この1年は、The Division,Fallout4,Dark Souls3とメジャーな作品を中心にプレイしてきましたが、一番熱中したのはDiablo3(Season6)とfactorioでしょうか(笑)、プレイ時間が長いのはRocket Leagueになっています。毎週身内でやるには最高のゲームです。

The DivisionでPCのスペック不足を感じたので、そろそろ総とっかえしようかなーと思っていたところでゴルフにハマってしまったのでお金は全部そっちに流れそうな感じです。

8年のときに書いたエントリーでダイエットに触れていましたが、その後結局68kg(-10kg)まで達成しまして、今は70kg前後をキープしています。相変わらず肝臓系の投薬治療は続けていますが数値は随分良くなりました。

ハネムーンから帰ったら何か書こうと思います。

8周年

2015 年 7 月 24 日 20:00 コメントを投稿する 3,596 views

ドメイン延長契約を済ませました。開設から8年が経ちました。

前回の記事にある通り、持っていたデバイス等を一通り処分しました。残ったものはダンボール1箱分くらいまで少なくなりました。現状の組み合わせ(Realforce-DRTCM37-紫電改)で満足してしまっているので暫くはこのままだと思います。

ゲームの方はというと、この1年では主にDragon Age:Inquisition、Diablo3、The Witcher3、Path of Exileをプレイしてきました。それ以外にも購入したりはしているのですが、なかなか食指が動かないといった感じです。

年齢によるものなのか分かりませんが、大好きだったRPGというジャンルが少し億劫になりました。一言で言うと面倒くさい。プレイ時間のスケールが50~100時間くらいになっている今、それ相応の覚悟をもってプレイするということが難しくなってきました。こうなると、ゲームじゃなくてドラマで良いや、映画で良いやとなってしまいます。

Withcher3なんてすごく良くできてたのに、中盤越えた辺りから、どうしても面倒臭さが勝つようになってしまいました。確かにゲラルトは強くなってるんですが、プレイの幅がそんなに変わんない。スキルもそんなに変わんない。忘れた頃にもう一度プレイしようと思います。あれ程のゲームを積んでしまうとは情けないです。

DA:Iはサブクエストまで含めて取りこぼし無く2周もプレイしたんですが、こっちは個人的には飽きることが無かったです。好みって難しいですね。といってもDLCは未プレイなんですが。

今はというと、パッチが当たったばっかりのPoEをやっています。最終的に自分にはヨダレを垂らしながら半分脳死状態でプレイできるようなハクスラ的なゲームが合ってるっぽいですね。

さて、話を変えます。
最近本格的にダイエットを始めました。

遺伝的なものも影響していますが、去年辺りから肝臓・腎臓系の値が悪く、薬を飲んでいます。お酒を断っても一向に改善しないのでいよいよ痩せることにしました。週に2回以上ジムに行って、結構強度の筋トレをした後20分走る。食事はカロリーコントロールを徹底しています。

ダイエットを始める前は標準体重+10kg(79kg)位ありましたが、今は3kgくらい落ちて、76kg前後になりました。体脂肪率も5%程減りました。身長が177cmあるので、今の筋力を維持しつつ70kgまで落とすのが目標です。学生時代は陸上部として100Mをそこそこのタイムで走っていましたので、できればもう一度全力で走れたらと思います。ちなみに、この間本気で走ろうとしたら、7割くらいの力にも関わらず3歩目でふくらはぎが悲鳴をあげたので、まずは基礎からですね。

最後に、先日婚約しました。明日にも指輪が完成します。1年内に入籍・挙式を済ませる予定です。動きがあれば書こうと思います。

残ったものは

2015 年 5 月 12 日 20:00 コメントを投稿する 3,720 views

皆様お久しぶりです。

8周年が来る前に記事を書いてみるリハビリ。

先日、ちょっとした環境の変化もあって、持っていたデバイス類の殆どを処分した。売ったり、捨てたり。そんな中で残ったものを紹介しようかな…と思い立って記事にする。50を越える製品の中から、ゲーミングデバイスと10年くらい本気で向き合ってきたおっさんが残した製品だから、それなりの意味はあるのかな~なんてね。

Intelli Mouse Explorer 3.0

これは残したかった。説明は要らないと思う。ほぼ新品の状態だし、これからもそうだろう。

MX510とG400

この2つ。おんなじ形だけど、ほぼこの形の製品の最初と最後。これにも思い入れがある。

DiamondBack

使い込んでて汚いんだけど、個人的に一番”Razer”だと思うマウス。僕の中ではこれがRazerの象徴であり、これからもそうだと思う。

37と38

DPのこの2つ。結局今このマウス(37)を使ってる。このブログを読んでいる人にはそんなイメージ無いかもしれないけど、僕にとって形はこれがベストでこれ以上ないと思う。所謂、IE3のクローンマウスは多いけど、それらよりちょっと小さいところがミソなのかも。今、このマウスの従兄弟がたくさん出てきてるから、壊れても安心である(笑)

Experience I-2

ガラスのパッドは今でもたまに使いたくなる。

飛燕と疾風

飛燕を初めて使った時、ものすごい衝撃的だった。マウスパッドを語る上では外せない製品になったと思う。疾風はそんなに使ってないんだけど、良いものだから捨てられなかった。

紫電改

今使ってるのはこのパッド。非常によく出来てると思う。

sUrface1030

初めて買ったマウスパッド。この当時はゲーム用のマウスパッドなんてこのくらいしかなかった気がする。表と裏で滑走面の特製を変えられるのは良いアイデアだった。

まとめ

こんな感じ。さて、トータルして一番印象に残っているマウスとマウスパッドを1個ずつ選ぶのであれば、RazerのDiamondBackとアーティザンの飛燕。性能がどうとか、そういう意味ではなくて、購入当時の印象とか、まわりの環境とかひっくるめての話。

ということで、このブログのゲーミングデバイス関連の記事を〆ようと思う。デバイスを評することはもうできないだろうから、また書くとしてもコラム的なものになるのかな。なんでラフな感じでいきなりこんなこと書いたかというと、普通の記事をここで書こうと思ったからである。ゲーミングデバイスについて一度きちんと締めたかった。別のところで書いていこうかと検討もしたんだけど、大したことも書けないし、最終的にここでいいやってね。

最後に1つ。ゲーミングデバイスを追ってる人は、今だからこそ敢えて普通のマウスコーナーにあるマウスも触るように癖をつけて欲しい。僕が常に大事にしてたことの一つでもある。特にレビューを書くのであれば是非に。